エゴーは沖縄マヨネーズ

 



 

沖縄マヨネーズと言えば「エゴー」

 

 

沖縄でしか売っていない超レアなマヨネーズといえば、沖縄定番のエゴーサラダドレッシングですよね。

 

沖縄県民のソウルフードと言っている人もいます(笑)。

 

その地域だけで行われている行事・習慣、県民性を紹介する「みのもんた」と「久本雅美」が司会をする人気のテレビ番組「ケンミンショー」でも紹介されていました。

 

製造元はアメリカのカルフォルニア州で、沖縄向けに作られたブランドらしく、アメリカ国内には無いのだそう。

 

マヨネーズ自体は、アメリカのT.MARZETTI COMPANYという会社が作っていて、わざわざ「EGGO」っていうブランド名で沖縄だけに輸出しているそうです。

 

EGGO自体はケロッグに買収されて、ホットケーキの粉とかを製造販売しているらしいですが、ブランド自体は今も残っているということらしい。

 

一般的なマヨネーズと何が違うのかというと、一言で言うと、「酸っぱいマヨネーズ」で、マヨネーズに比べて、濃厚で酸味が強いようですね。

 



 

酸味が強く甘みもあるマヨネーズで、ふわっとした食感が特徴。

 

酸っぱ味が食欲をそそりますよね。

 

沖縄で製造しているわけではなく、カナダ産のものとアメリカ産のものがあるようです。

 

「懐かしい味」「磯の香りがする味」「酢昆布のような味」などの口コミも多い。

 

沖縄にある食堂のマカロニサラダは、大半の店が「エゴーサラダドレッシング」を使っているらしいです。

 

リンゴのサラダにもよく合いますよね。

 

テレビ番組では、ポテトサラダに使って、いつも食べるポテトサラダ違っておいしいって言ってましたね。

 

サンドイッチで食パンにエゴーマヨネーズと少しからし混ぜて、パンに塗ってその上にハム チーズ、茹でた卵をみじん切りして味付けはエゴマヨネーズ 卵サンドツナとエゴマヨネーズ でツナサンドという食べ方もメジャーで美味しい。

 

沖縄の方のアドバイスでは、「エゴーだけで食べるより、エゴーにマヨネーズ混ぜたら美味しいよ」っていうこと。

 

日本製のマヨネーズは、1972年当時は、まだ沖縄ではメジャーではなくて、スーパーにも最初は、ほとんど並んでなかったらしいです。

 

それがいつしか、キューピーにとってかわっていったということ。

 

しかし、沖縄にはたくさんの美味しい調味料や食材が多いですよね。

 

沖縄旅行のお土産で、調味料は人気がありますが、知る人ぞ知るエゴーマヨネーズは沖縄のスーパーには必ずおいてありますから、ぜひ探してみてください。

 

 

※画像をクリックすると購入することができます。

 



 

レンタカーは沖縄旅行に行く前に必ず予約しましょう!

掲載関連《おすすめレンタカーサポート》

▼おすすめレンタカーサポートを見る

このサイトからご予約をお承ります。

 

掲載関連限定商品《台湾レトロ生活雑貨店》

▼セレクト限定アイテムを見る

このサイトからご注文をお承ります。

 

掲載関連おすすめ商品《おみやげサポート》

▼おみやげサポートを見る

このサイトからご注文をお承ります。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ