刺身屋で沖縄魚料理を満喫

 



 

沖縄の「さしみ屋」は「魚屋」とはちょっと違う

 

 

沖繩の路地を歩くと鮮魚店の看板には「さしみ屋」と書かれていることが多い。

 

「魚屋」ではなく、「さしみ屋」です。

 

店内に入ると大きなガラス張りの冷蔵庫と流し台、 そして出刃包丁やヤナギバ包丁など使い込まれた何本かの包丁が並べられ、寿司職人のごとく刺し身にしてくれます。

 

 また、今は少なくなりましたが、さしみやには小さな座敷またはテーブルがあって、 切ったばかりの刺し身をその場で食べることができるそうです。

 

ビールや泡盛もでるし、店によってはご飯とみそ汁も出ます。

 

沖繩のさしみやは「さしみ屋」であって「魚屋」でもないということです。

 

もちろん「さしみ屋」にはサンマのような全国的な魚や貝類、エビ、カニなども売っていて「魚屋」のように買い物をすることもできます。

 

魚の料理法というと、焼くといったことがほとんどなく、刺身にするか煮て食べるのが沖縄県内では一般的です。

 

・お刺身

・バター焼き

・揚げ物

・魚汁

 

ってのが一般的な沖縄での食べ方みたい。

 

沖縄での刺身の食べ方は、酢味噌で食べるのが基本的な食べ方。

 

新鮮なカツオやマグロを酢味噌であえて酢味噌和えにすることで鮮度を保っていたようです。

 

最近はしょう油で食べる派が多くなったとはいえ、酢味噌和えのこってりした味わいが沖縄の味。

 

魚を煮て食べる方法では、昔からマース煮が好まれています。

 

マースとは塩のことで、ヒタヒタの水と塩、そして泡盛を少し足して煮付けます。

 

実にあっさりしたもので、それぞれの魚の素材の味を引き立て美味しい。

 

マース煮のほかには魚汁にして食べることが多く、特にアバサー汁とイカ墨汁は人気があります。

 

アバサーとはハリセンボンのことでふぐの仲間ですが毒はありません。

 

魚汁にすると実にコクがあり、その濃厚な味が好きな方は多い。

 

イカ墨汁はアオリイカを出汁で煮た物ですが、最後に墨袋の中のイカ墨を加えるのが特徴です。

 

そして県魚となっているグルクン(タカサゴ)は、煮付もおいしいのですが、から揚げが絶品。

 

2度揚げしてバリッと仕上げれば、骨まで食べられます。

 

から揚げやバター焼きは、白身の魚にマッチするので、淡白な白身魚の多い沖縄の近海魚がおいしく食べることができます。

 

沖縄ではカツオのことをカチューというのですが、二日酔いや体調が悪いときや風邪などのときは、「カチュー湯」を飲むと良いと昔から言われています。

 

作り方は、どんぶりに削り鰹を山盛りにし、熱湯を注ぎいれ、味噌少々としょう油、ネギを加えたシンプルなみそ汁のようなものです。

 

沖縄で出汁をとるのに売られているのも、厚めの削り鰹が一般的。

 

沖縄の「さしみ屋」で、魚料理が食べたくなってきました!

 

※下記のバーナーをクリック!

 

沖縄の海産物をセリ市場から直送しています。

 

 



 

レンタカーは沖縄旅行に行く前に必ず予約しましょう!

掲載関連《おすすめレンタカーサポート》

▼おすすめレンタカーサポートを見る

このサイトからご予約をお承ります。

 

掲載関連限定商品《台湾レトロ生活雑貨店》

▼セレクト限定アイテムを見る

このサイトからご注文をお承ります。

 

掲載関連おすすめ商品《おみやげサポート》

▼おみやげサポートを見る

このサイトからご注文をお承ります。



サブコンテンツ

このページの先頭へ