A-1ソースと沖縄ステーキ

 



 

A1ソースの由来

 

 

ステーキは沖縄のソウルフードとも言われています。

 

米軍基地のある沖縄は戦後、輸入牛が安く手に入ったため、ステーキを手軽に食べられたそうです。

 

今や沖縄県内には150軒を超えるステーキハウスがあるらしい。

 

ステーキが大好きな沖縄県民が「一家に必ず1本ある!」というくらい大人気なのが「A1ソース」。

 

このソースの原料はトマトなどの野菜やフルーツに加え、醸造酢を使用しています。

 

そしてその醸造酢の割合が、材料全体の3割を占めるという酸味の効いた濃厚なステーキソースです。

 

そしてアメリカ文化の影響を受けた沖縄のステーキは、ヒレ肉のテンダーロインが定番です。

 

ステーキといえば一般的にはサーロインの人気が高いようですが、沖縄のさっぱりとした赤身のテンダーロインにはA1ソースの酸味がぴったり合います。

 

もともと19世紀のイギリス国王ジョージ4世のために、王様の専属シェフが作ったのがこのソースの原型だそうです。

 

王様はこのソースを大変気に入り「 “A one”(最高)だ!」と絶賛したことが、この名前の由来と言われています。

 

そのソースがイギリスからアメリカに渡り、アメリカのステーキ文化とともに日本に伝わったようです。

 

 

A1ソース

 

※画像をクリックで通販サイトで購入できます。

 

沖縄でステーキソースといえば、このA1ソース。

 

沖縄のステーキ店では必ずと言って良い程、このソースが置いています。

 

味は濃厚でやや甘く酸っぱさがあり、やみつきになる人もいれば苦手な人もいて意見が分かれるところ。

 

アメリカのステーキ文化の影響を強く受けているので、A1ソースはアメリカのソースかと思いきや、実はイギリス生まれです。

 

そのソースは、沖縄で作られている訳ではなく、原産国はイギリスでBrand社が作っている輸入品らしい。

 

テレビの人気バラエティ番組「ケンミンショー」でも、沖縄のステーキとA1ステーキ(エーワンソース)が紹介されていました。

 

その酸味で甘酸っぱくなった味は、沖縄ステーキの定番。

 

ステーキだけじゃなく、ハンバーグや豚肉等、ほとんどの肉料理に合います。

 

 

ドリームA-1ステーキソース

 

※画像をクリックで通販サイトで購入できます。

 

沖縄のジャッキーステーキハウスで知られているステーキ専用ソース。

 

このNo.1ソースも、やっぱり沖縄で有名なステーキソースらしく、少し酸味が効いた味のようですが、A1ソースほどクセは強くないようです。

 

濃厚な味わいと深みのあるコクがクセになりそうな濃厚ソースで、沖縄旅行のお土産にもオススメ。

 

沖縄県内ではスーパーなどで手軽に購入できるソースなのですが、他県ではなかなか手に入らないらしいです。

 



 

レンタカーは沖縄旅行に行く前に必ず予約しましょう!

掲載関連《おすすめレンタカーサポート》

▼おすすめレンタカーサポートを見る

このサイトからご予約をお承ります。

 

掲載関連限定商品《台湾レトロ生活雑貨店》

▼セレクト限定アイテムを見る

このサイトからご注文をお承ります。

 

掲載関連おすすめ商品《おみやげサポート》

▼おみやげサポートを見る

このサイトからご注文をお承ります。



サブコンテンツ

このページの先頭へ