おすすめ九份の観光ルート

 



 

「非情城市」と「千と千尋の神隠し」

 

 

九份は、台湾北部の山あいにある新北市にある街です。

 

日本人にとっては2001年に公開されたジブリ映画「千と千尋の神隠し」のモデルと言われる街並みで有名ですね。

 

中国の街並みと、日本統治時代の雰囲気をあわせ持つ独特の街並みが魅力です。

 

19世紀末に金の採掘が開始されたことにより発展しましたが、1971年には金鉱が閉山したことをきっかけに急速に衰退したそうです。

 

台湾の九份は世界的にも知られている1989年に制作された侯孝賢(ホウシャオシェン)監督の「非情城市」という映画のロケ地になり一躍脚光を浴び有名になりました。

 

日本統治時代の終わりから、中華民国が台北に遷都するまでの台湾社会が描かれています。

 

公開当時は台湾の戒厳令解除から僅か2年後であり、台湾内で二・二八事件が公に語られることは多くはなかった。

 

舞台となった九份は、この作品の成功によって台湾でも屈指の観光名所となりました。

 

 

九份の街を理解する四本の道

 

この街は、「丰」という文字の形をしていて、縦横四本の道を理解すれば分かり易い。

 

 

縦の道「賢崎路」は、300段の石階段があり、カフェや茶藝館が並び九份の有名なスポットとなっています。

 

かつては、九份へ物資を運ぶための重要な道路でした。

 

また、横に伸びる三本の道路は、山の上から

 

台湾のローカルフードのお店などが立ち並ぶ「基山街」

 

エンターテーメントの通りで現在は無料で入場できる映画館「昇平戲院」がある「軽便路」

 

九份を訪れる方は必ず通るバス道になっている「汽車路」

 

この四本の道を理解すると九份が制覇できます!

 

 

無料で入場できる映画館「昇平戲院」

 

ご存知の通り九份は急な坂道が多い上、すごい人なので、すごい体力を使います。

 

そこで、眺めの良い茶藝館に入って休憩したいものだが、1時間待ちもザラにあり、困ってしまう。

 

そんな時におすすめしたいのが、無料で入場できる映画館「昇平戲院」です。

 

映画を見ながら休憩もできます。

 

場所は、メインストリートの「賢崎路」を下がってすぐ、茶藝館「非情城市 小上海茶飯館」を左に曲がったところにある。

 

現在は、歴史を紹介するドキュメンタリー映画やレトロな映画の上映を行う無料シアターになっていて、全盛期の九份を再現した展示もあり、写真撮影も可です。

 

 

おすすめ九份スイーツ

 

 

九份スイーツといえば何といっても「イモ団子」です。

 

自然な甘みとモチモチ感が人気!

 

 

また、九份はおもしろスイーツもあり、

「芋頭泡芙」(タロイモシュークリーム)

 

たっぷり入ったタロイモ味のクリームが魅力で、甘過ぎない素朴な味が人気で、サツマイモ味もあります。

 

 

「花生棬冰淇淋」(ピーナッツクレープアイス)パクチー入りもあり

 

アイス、パクチー、ピーナッツ粉入りクレープで、アイスの冷たさとパクチーの刺激とピーナッツ粉の食感がよく合っています。

 

 



 

掲載関連おすすめ商品《おみやげサポート》


▼おみやげサポートを見る

このサイトでご注文をお承ります。


 



サブコンテンツ

このページの先頭へ