九份おすすめゲストハウス





《発信人》

レポーター兼ライター:ハイビスカス〔女性23歳、沖縄県コザ出身 日本人、趣味 一人旅〕

 

 

ファースト ストップ バックパッカー ホステル九份 (九份第一站背包客青旅) (First Stop Backpacker Hostel Jiufen)

 

 



 

 

 

《アクセス》

 

 

瑞芳駅からバスで「九份派出所」で下車。

 

乗車時のバスの運転手に降りる停留所を乗る時に伝えてください。

 

 

 

バスを下車して、山を降る細道があり、山道の階段を下がって10分程です。

 

 

その細道が分からない場合は、停留所に売店があるので、聞いてください。

 

帰りは、この売店の道を挟んで向かいの黄色の停留所で1062番のバスで台北SOGOの「捷運忠孝復興站」まで115元(約435円)です。

 

非常に混み合うので、午前中の早い時間をおすすめします。

 

 

住所

 

No. 24, BaHao Ln. Ruifang District New Taipei City 03-6743-6580

 

 

料金

 

1泊1587円

(時期によって料金は異なります)

 

朝食込み

パーキング無料

インターネット無料

 

コンフォート 共同ドミトリー 男女共用ドミトリー 共用バスルーム マウンテンビュー

 

女性限定もあります。

 

 

九份は猫がたくさんいることで有名ですが、この宿にも数匹の猫が迎えてくれますよ(笑)。

 

 

《素晴らしいポイント》

 

 

庭にはガラス張りの部屋があり、雨でも海の景色を眺めながら食事ができます。

 

無料で、台湾ローカルの朝食付きなのが魅力!

 

 

《イマイチなポイント》

 

 

ベットにカーテンもなく、寝ている姿が他人に丸見え、しかも男女の兼用の部屋では、女性は辛いのではないでしょうか。

 

女性限定の部屋をおすすめします。

 

 

《宿泊者の感想》

 

手作りローカルフードの朝食、絶景、フレンドリーなオーナー、静かな立地

オーナーのエイミーさんとアンさんがとても親切でした。

 

エイミーさんはお勧めのご飯屋さんや観光スポットを詳しく教えてくれました。

 

特に早く閉店する通りや深夜まで営業している喫茶店を教えてくれたので効率よく観光できました。

 

他にも写真を撮るのにベストな場所を教えてくれたり、金鉱付近の観光スポットについては「この河口は鉱石を含んだ水の流れによって、ブロンドヘアが伸びるように時と共に川岸の色が変わる」など、本当に詳しく、魅力的な言葉で説明してくれました。

 

朝食はアンさんのお母さんが畑で育てた野菜をアンさんが料理してくれたもので、芋だんごのお汁粉や芋のお餅など、とてもおいしいローカルフードでした。

 

チェックインの時に言うと、ベジタリアン用メニューなど、個人に合わせて作ってくれるそうです。

 

二人とも飾らない人柄で、積極的に話しかけてくる感じでもないけれど、困っているとすぐに気が付いて助けてくれます。

 

立地は老街から5分ほど、大通りから離れた路地で非常に静かな環境です。

 

近隣のお年寄りは19時に寝て3時には起きる生活らしく、宿も10時には消灯です。

 

庭にはガラス張りの部屋があり、雨でも海の景色を眺めながら食事ができます。

 

「ここで生まれ育ったら幸せなんだろうな」と思えるような、生活感のある宿でした。次に台湾に行く時も、また二人に会いに来たいです。

 

宿のルールが全て英語と中国語なので、言葉が分からない人は戸惑うかもしれません。

 

泊まる人は、猫にエサはやらない、部屋で食事しない、10時消灯を守ってください。

 

客室選びのポイント: 8人部屋では男女でシャワールームとトイレが共用なので、女性の一人旅なら、本館か女性用の部屋がいいと思います。

 

 



 



 

また、私が通常利用しているエクスペリアで、飛行機と宿泊を同時に予約すれば、かなり格安になります。

 

ぜひ、週末に台湾小旅行でお越しください!

掲載関連限定商品《台湾レトロ生活雑貨店》

▼限定アイテムを見る

 

 

 



サブコンテンツ

このページの先頭へ