台湾と日本をつなぐLCC



《発信人》

レポーター兼ライター:ハイビスカス〔女性23歳、沖縄県コザ出身 日本人、趣味 一人旅〕

 

 

《台湾と日本をつなぐLCC》

LCCとは、ローコストキャリア(Low Cost Carrier)の略です。

 

路線網が豊富で、多様なサービスを行う既存社(FSC フルサービスキャリアーなどとも呼ばれる)に対し、効率的な運営により低価格の運賃で運航サービスを提供する航空会社を指します。

 

 

《コスト削減を図り、格安運賃を可能にしたポイント》

 

・特定区間に絞り込んだ路線の設定

 

・単一機種の座席を増やして高頻度運航

 

・大都市周辺の2次的(セカンダリー)空港の利用

 

・使用料の安いLCC専用ターミナルの利用

 

・預け入れ荷物や機内食の有料化

 

・航空券のインターネット予約と直接販売

 

・契約社員の活用など

 

 

《台北(桃園)行きLCC日本路線》

 

ピーチ:札幌、仙台、羽田、関西、那覇

 

ジェットスター:成田、関西

 

バニラ:成田 、関西 、那覇

 

タイガーエア台湾:旭川、函館、仙台、羽田、成田 、小松、中部、関西、岡山、福岡、佐賀、那覇

 

スクート:札幌、成田

 

 

《台北行きLCCについて》

 

日本から台北行きは、最近、格安航空会社LCC路線が充実してきました。

 

当初はジェットスターだけでしたが、ピーチ、スクート、エアアジア・ジャパンと航空会社のバリエーションが増加。

 

エアアジア・ジャパンがバニラエアに衣替えしても、台北路線はそのまま維持されています。

 

その背景には、両国間の関係が良好なことや、台湾での日本旅行ブームが挙げられます。

 

 

《格安航空会社LCCの運賃のしくみ》

 

格安航空会社LCCの運賃のしくみは「空席連動型運賃」といわれます。

 

これは、簡単にいうと、「空席数が多いほど安い価格が提示される」というものです。

 

一般的には、出発日が近づくにつれて空席は減っていきますので、日を追うごとに値段は上がっていきます。

 

 

《おすすめLCCスクート航空》

 

 

スクート航空は、シンガポール航空の格安航空子会社です。

 

 

深夜便の機内は、虹色できれいです!(笑)

 

 

スクート機内Wi-Fiサービスの特長

 

ボーイング787ドリームライナーでは、機内Wi-Fi接続のサービスがあります。

 

シート電源も装備されバッテリー容量を心配することなくモバイル機器をご利用できインターネットも、ツイッターも、チャットも。お友達に連絡をしたり、メールをチェックもできる。

 

お乗継後のフライトは、パナソニックの設備のある当社B787便である必要があります。

 

機内Wi-Fi接続は、5つのデータプランからお選びいただけます。

ご搭乗前のご購入で最大20%割引!

 

搭乗前の5つのプランの料金

 

  • US$ 4.99
  • データ量制限 20MB
  • 速度制限64kpbs

 

  • US$ 9.99
  • SNSアプリで家族やお友達との連絡
  • データ量制限 50MB

 

  • US$ 15.99
  • Web検索やSNSに最適
  • データ量制限 100MB

 

  • US$ 29.99
  • EメールやWeb検索、音楽ストリーミングに最適
  • データ量制限 200MB

 

  • US$ 59.99
  • 長い接続時間でEメール送信、オンラインショッピング、音楽ストリーミングやWeb検索
  • データ量制限 500MB



 

また、私が通常利用しているエクスペリアで、飛行機と宿泊を同時に予約すれば、かなり格安になります。

 

ぜひ、週末に台湾小旅行でお越しください!

掲載関連限定商品《台湾レトロ生活雑貨店》

▼限定アイテムを見る

 



サブコンテンツ

このページの先頭へ