大自然を楽しむ陽明山温泉

 



 

《発信人》

レポーター兼ライター:ハイビスカス〔女性23歳、沖縄県コザ出身 日本人、趣味 一人旅〕

 

 

台北近郊日帰り陽明山温泉「山之林」

 

 

台北の地下鉄MRT淡水線の石牌駅のすぐ前のバス停から508、536のバスで15分程度の「行義路四」で下車。

 

 

この周辺には、たくさんの温泉と食事ができるようになっている施設があります。

 

 

そのまま坂道を登ってすぐの右側へ。

 

急坂を下って左側に「山之林」という看板あります。

 

そこが、今回行った温泉です。

 



 

温泉は硫黄泉で硫黄の香りが漂う温泉です。

 

男湯と女湯が分かれていて、水着をつけずに入れます。

 

台湾の温泉は、決して清潔感のある施設ではないですが、ゆっくりできるスペースです。

 

 

通常は250元ですが、朝5~10時までの温泉入館なら通常250元が100元になり、入浴前に400元以上/1人の食事を消費すると入浴が無料になるそーです。

 

食事は11時頃から食べることができます。

 

温泉の中に入ると、サウナもあり、汗をたくさんかくので地元の方は水筒やペットボトルを持ち込んでも問題ないです。

 

ロッカーは20元で利用できるので貴重品を入れることができます。

 

 

隣に小さい川が流れており、せせらぎを聞きながらゆったりでき、大自然の中の露天風呂にきているようです。

 

お風呂は、40度以上の少し熱めと適度なもの、そして水風呂があります。

 

体をシャワーで洗うスペースも広く、ボディーソープやシャンプーもあり、脱衣所にはドライヤーも設置。

 

もちろん、バスタタオルや体を洗うタオルはお忘れなく!

 

そして、外に行くと滝のようなシャワーがあり、住職さんが滝にうたれるように地元の方が浴びていました。

 



 

また、私が通常利用しているエクスペリアで、飛行機と宿泊を同時に予約すれば、かなり格安になります。

 

ぜひ、週末に台湾小旅行でお越しください!

掲載関連限定商品《台湾レトロ生活雑貨店》

▼限定アイテムを見る

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ