台湾誠品書店敦化店が人気

 

 



 

《発信人》

レポーター兼ライター:ハイビスカス〔女性23歳、沖縄県コザ出身 日本人、趣味 一人旅〕

 

 

台湾の人気の本屋「誠品敦化店」で座り読み

 

 

台湾の誠品書店と言えば、日本の蔦屋書店が参考にしている? 代官山蔦谷書店のモデルになった?とも言われている書店で、書籍を中心に台湾のカルチャーが楽しめることで知られている書店です。

 

創業は1989年、台北市大安區仁愛路に第一号店を開き、6年後の1995年に現在の敦南店の場所に移転しました。

 

ファッションや飲食、ライフスタイル雑貨を中心に、台湾の中でも特に洗練されたブランドを集積させたことで人気の書店です。

 

2004年にはTIME誌アジア版の「アジアで最も優れた書店」に選ばれたほか、2011年には中華民国経済部による「台湾百大品牌」文創服務類別企業にも選ばれました。

 

現在、台湾では41店舗を展開していて、そのうち、台北市にある敦南店(本店)は、台湾で初めての24時間営業書店、誠品敦南店は台湾人の生活とは切っても切れない存在になっています。

 

台湾のほかに香港や中国にも展開し、日本にも進出する計画もあると報道がありました。

 

その誠品書店の一号店で、今でも人気のあるのが、「誠品敦化店」です。

 

 

ここの名物はなんといっても“座り読み”。

 

ここでは立ち読みならぬ座り読みをしている人がたくさん。老若男女、大人も子どももみんな座って本を読んでいます。

 

 

《住所》

 

誠品敦南店(チェンピントゥンナンディエン)

 

住所:台北市敦化南路一段245號

 

電話番号:02-2775-5977

 

営業時間:【書店】24時間営業、【ショップ】11:00〜22:30 (年中無休)

 

 

《おしゃれなお土産を買うなら誠品生活松菸店》

 

 

誠品書店は本や文具だけでなく、台湾各地のデザイン性や味などに優れた雑貨や食品も多数扱っていて、実は台湾でのお土産購入の穴場なんです。

 

 

誠品生活松菸店がある松山文化園区は日本統治時代の煙草工場跡地を利用した文化・芸術エリアで、その広大な敷地内にある史跡をリノベーションして現在は商業施設・博物館・工房・展示スペースとして利用されています。

 

台湾アートの発信基地でもあるので、このエリアを散策するだけで1日充分楽しめますよ!

 

 

《行き方》

 

台北市菸廠路88号(誠品生活松菸店)B1/1F/2F/3F

 

(02)6636-5888

 

売り場:11:00~22:00 誠品電影院:10:00~22:00 誠品表演廳:10:00~22:00

 

年中無休

 

MRT市政府駅の出口1から地上へ出たら、右方向へ進み、そのまま基隆路一段を横断し直進します(忠孝東路に添って進むことになります)。

 

一つ目の信号で右折し、刑事局の大きな建物を左手に見ながら直進すると、大きな池が見えてきます。

 

池に添って入ると、池の向こうに美しく弧を描いたような外見の誠品飯店が見えてきます。

 

MRT「国父紀念館」駅からは5番出口を出てそのまま直進し、1つ目の小道を左折(刑事局の建物)します。

 

そのまま直進し、池を目指してください。

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ