行列の人気店亀戸餃子本店



 

《発信人》

《台湾・沖縄創作辦卓料理「島島島」》美食料理長:七美(チーメイ)〔女性 28歳 、台南出身 台湾人〕

 

 

《行列のできる下町の人気の亀戸餃子本店》

 

 

下町のB級グルメを楽しみたいのなら、亀戸は外せない人気スポットですよね。

 

行列のできるお店がたくさんあるのも魅力的なエリアです。

 

 

今回、紹介する人気のお店は、亀戸駅徒歩2分の駅前の路地に入ったところ、右手に見えるのが1955年(昭和30年)創業の老舗「亀戸餃子(かめいどぎょうざ)本店」です。

 

両国、錦糸町、大島にも店舗があり、どの店舗も大人気のお店!

 

本店は、メニューが餃子と飲み物だけという珍しいお店です。

 

 

「売切れ次第終了」。

 

営業時間は午前11時~売り切れるまで!

 

大体18時から19時で売り切れになるそうです。

 

 

カウンターと小上がり席による計40席。

 

 

全面喫煙可能、営業時間中はご覧のような行列が途切れないご様子であるものの、回転は比較的早い方なので待つのにさほどストレスは感じませんでした。

 

 

席に着いたら、すぐに餃子が運ばれてきます 。

メニューが餃子しかないためか、席につくと何も言わなくてもまず餃子が、勝手に運ばれてきます。

 

 

1人最低2皿を消化しないといけません。

 

1皿5個なので1人最低10個は食べましょう。

 

餃子10個。

 

一見するとなかなかのボリュームと感じるかもしれませんが、小ぶりで野菜メインの体に優しそうな焼き餃子だから女性の皆さんやお子さんでも安心して召し上がれるんじゃないかと思うんです。

 

餃子に関しては残り2個とかになり次第、店員さんが追加するか聞いてくれますし、イエスorノーと返答するだけなので気軽なもの。

 

餃子に欠かせないラー油は自家製!

 

添加物や市販のものをなるべく使わない工夫をしているそう。

 

さらに「亀戸餃子」の野菜は、全て国産を使用しているとのこと。

 

 

ビールはスーパードライ。

 

「瓶ビール(小)350円」、「瓶ビール(大)550円」と、良心価格です。

 

中国酒の「老酒」は一杯150円と、アルコールは全て安いです。

 

 

出来立ての焼き餃子、家で楽しみたい人のための生餃子、どちらもお持ち帰りが可能です!

 

生ぎょうざをお持ち帰りした人へ、焼き方が貼られています。

 

 

《住所》

 

店名        亀戸餃子 本店

住所        東京都江東区亀戸5-3-4

電話番号 03-3681-8854

営業時間 11:00~売切れ次第終了

定休日    なし

最寄駅    亀戸駅

備考        お盆明けや年末年始に休みの場合あり

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ