旧暦5月5日端午節の由来



台湾の端午節(たんごせつ)とは、

台湾では、旧暦の5月5日は端午節です。

現在では、端午節と言えば、に粽(ちまき)を食べて、各地でドラゴンボートレースは行われますが、その由来を知っていますか?

 

屈原(くつげん)という中国戦国時代の楚(そ)の政治家、詩人という人物が関係しています。

当時、楚(そ)と敵対関係にあった秦(しん)に対抗するには、他国と同盟を組むしかないと屈原(くつげん)は王へ進言したものの受け入れられず、楚は秦に滅ぼされる結果となりました。

失望のあまり屈原は、旧暦の5月5日に川に身を投げてしまいました。

 

大衆に愛されていた屈原の身体が川の魚やエビに食べられないようにと、付近の人々が葉で包んだご飯を川に投げ入れたこと、そして競って船を出し、助けようとしたことから、粽(ちまき)や龍舟比賽(ドラゴンボートレース)の行事が生まれたと言われています。

 

 

台湾での粽(ちまき)は、日本の端午の節句の時に食べる甘い粽(ちまき)ではなく、豚肉や鶏肉、椎茸(しいたけ)などが入ったおこわを笹の葉で包んだものです。

 

ドラゴンボートレースは、毎年台北新店碧、基隆河、宜䦨県冬山河、二龍村、彰化県鹿港鎮、高雄市愛河などで開催され、現在は海外のチームも多く参加しています。

 

知りたい情報などがございましたら、お気軽にメッセージを下さい。お待ちしております!



サブコンテンツ

台湾進出・小売業の業務改善のサポートに関するご相談・お問い合わせ

このページの先頭へ