台湾のチャイナドレス旗袍



旗袍(チイパオ)とは、

 

詰襟で横に深いスリットが入った、女性が着るボディコンシャスなワンピースを旗袍(チイパオ)または、旗装・旗服・満洲服と言います。

 

日本ではチャイナドレスと呼ぶことが多く、「中国を代表する民族衣装」と認識されていますが、厳密に言えば中国人の主体である漢民族の民族服(漢服)では無く、「満洲人の民族衣装に西洋の要素を融合した服」です。

 

台湾のチャイナエアライン(中華航空)のキャビンアテンダントの歴代の制服には主に旗袍をベースにしたデザインを採用しています。

 

 

台湾の旗袍(チイパオ)の歴史

国立台湾博物館(台北市)の資料によると、旗袍は1910年代の中国に登場しました。

1910年代といえば、中華民国が中国で成立した時代で、当時、日本統治下にあった台湾にも旗袍は伝わり、1930年代には台北の多くの女性たちが着ていたそうです。

 

日本統治時代初期、台湾の文化や習慣に対する規制はあまりなく、服装に関しても放任されていたため、1920年ごろまでは漢人の伝統的な服が多く着られていました。

 

 

1930年代には西洋式の教育が普及した影響で、旗袍のほか、西洋式のワンピースをまとう女性も増えてきて、日本式の和服姿の人も見られ、当時の台湾には、中華、西洋、日本のスタイルが共存しており、このような時代の下、旗袍は台湾で独自の発展を遂げたとされたようです。

 

旗袍は法令で中華民国の「国服」とされ、中国からの移民である「外省人」が多く着用し、特に総統夫人や政府高官の妻などが好んで身に着けた。初代中華民国総統、蒋介石の妻、宋美齢は「旗袍夫人」の異名を持ち、そのコレクションは1000着を超えるといわれています。

 

官邸には、専属の旗袍職人まで住まわせていたそうです。

 

現在の旗袍(チイパオ)

現代では、普段着として着る人は少なくなったが、花嫁衣裳としては依然根強い人気を誇り結婚式や披露宴のドレスとして、現代風にアレンジしたものも見られます。

 

 

また、観光スポット周辺には近年、旗袍のレンタルサービスを行う店も出現し、旗袍で街歩きする姿を写した写真が「SNS映え」するとして、若者や外国人観光客の間で流行になっており、台湾の古都として名高い南部・台南や、古い街並みが残る九份など、レトロな街並みによく合います。

 

知りたい情報などがございましたら、お気軽にメッセージを下さい。お待ちしております!




サブコンテンツ

台湾進出・小売業の業務改善のサポートに関するご相談・お問い合わせ

このページの先頭へ