タイ旅行ベスト3つの季節



 

四季のある日本に比べるとタイは一年中夏の国に見えるかもしれません。しかし、実際には特徴のハッキリした3つの季節があります。

 

暑期(3~5月)

1年中で最も暑くて日差し一番強くなり、正月ソンクラーンの水掛け祭りが行われるのもこの時期です。

 

雨季(6~10月)

 スコールが降りますが、短時間(30分~1時間くらい)でやんでしまう場合がほとんど。その後はカラッとして過ごしやすくなります。

蒸し暑さによる不快さが続かない分、日本の梅雨より過ごしやすい。

しかしスコールで道路が浸水して車が立ち往生し、普段から悪い交通渋滞がさらに悪化することもしばしば。

また落雷で停電することもたまにあります。

 

乾季(11~2月)

気候も少し下がり、雨もあまり降らないため、一年で一番良い時期と言えるでしょう。観光のベストシーズンもこの時期になります。

 

タイでの過ごし方

エアコンは、基本的に一年中使用することになります。ただし乾季は気温が下がるため、自宅のエアコンは設定温度を高めにしたり、一時的に切って過ごしたりすることも可能です。

オフィスでは、エアコンを効かせ過ぎる傾向にあるので、長そでのシャツや足にかけるものを常に用意したほうがいいでしょう。

ショッピングモールが映画館などでも同様の注意が必要です。

タイの気候には地域差もあります。

南北に国土が広がっていて、半島部の東側はタイランド湾、西側はアンダマン海からの影響を受けるためです。

北部は緯度が高い山岳地帯のため比較的涼しく、南部はアンダマン海からの季節風で温度や湿度が高めになります。

また、この地方は雨季が長いものも特徴です。

 

北部などの山間部、例えばチェンマイは首都バンコクに比べて乾期はかなり冷え込む場合もあります。早朝や深夜であれば上着が必要ですし、バイクなどで風にさらされるならダウンジャケットのような防寒ウエアが必要です。

日中は特に必要ありません。

 

このように四季がないように思われるタイですが、3つの季節があります。

時期を考えて楽しい旅行をしてください!

 

知りたい情報などがございましたら、お気軽にメッセージを下さい。お待ちしております!




サブコンテンツ

台湾進出・小売業の業務改善のサポートに関するご相談・お問い合わせ

このページの先頭へ