台湾総督府に無料宿泊企画



応募方法と期間

 

台湾総統府に無料で宿泊できるイベントの第1期の応募期間は8月31日までで行われています。

 

世界中から選ばれた最大20人の旅行者が、100年前に建造され台北の名所となっている総統府に無料で1泊できるという企画です。

 

蔡英文(Tsai Ing-wen)総統は動画で「台湾を訪れ、人々の温かさとおもてなしを体験してください」と英語で語り掛け、「滞在中、私の客人として総統府で一晩過ごしてはいかがでしょうか」と提案。

 

宿泊日は2019年10月から2020年1月の間から選択が可能。選考結果は公式サイトで9月20日に発表されます。

イベントは第2期も開催され、申し込み日程は今後公開の予定です。

 

応募できるのは、台湾市民以外の20歳以上。

台湾をPRする60秒から90秒の自己紹介動画の制作など旅行日程と「独創的な動画」の提出が求められています。

選考を通過すると総統府に宿泊できます。宿泊後は台湾を紹介する動画を公開することも条件です。

 

 

台湾総督府とは、

 

台湾総督府は、日本統治時代の1919年に建てられた総督府の建物です。

日清戦争の結果清国から割譲された台湾を統治するために設置された日本の出先官庁。

 

台北市に設置された台湾総督府本庁舎は、今日でも中華民国の総統府として使用されています。

 

台湾の総統府は、当時は台湾で最も高い建物で台北市を一望でき日本にもなじみの深い建物。現在、総統府は平日は午前中に1階のみ、月1回だけ自由見学日が設けられていますが、通常では入れない場所での宿泊は貴重な体験になりそうですね。

 

 

中国観光客について

 

中国は数週間前、台湾への個人旅行の許可中止を発表し、台湾経済への影響が懸念されています。

 

台湾では「一つの中国」原則の承認を拒む蔡英文(Tsai Ing-wen)政権が2016年に発足して以降、中国本土からの訪台客数は激減。

 

蔡政権は、南アジアと東南アジアを中心に、宣伝活動や渡航の緩和といった積極策を打ち出すことで対応。

 

台湾政府は2018年12月31日、今年台湾を訪れた観光客数が史上最多となる1100万人に達したと発表した。

台湾への観光客数、2018年は史上最多 中国本土客激減を物ともせず、その埋め合わせとしてアジア各地からの訪問客誘致が奏功した形です。

 

知りたい情報などがございましたら、お気軽にメッセージを下さい。お待ちしております!




 

サブコンテンツ

台湾進出・小売業の業務改善のサポートに関するご相談・お問い合わせ

このページの先頭へ