アパレル会社の業務フロー

アパレルメーカーの仕事内容と業務フロー

 

《業務の流れと重要なポイント》

 

アパレルメーカーの業務の業務の流れを簡単に説明すると、「顧客の欲しい商品を顧客が欲しい時期に販売し商品を売り切ること」です。商品を企画し販売して最後に「売り切ること」が最も重要なことになります。商品を企画して生産し店舗やインターネットで販売して、最後まで商品を完売することで、ブランドのチームの業務が完了です。

 

業績の悪いアパレルメーカーは、売れない商品が売れ残り在庫の山になるケースが多いです。それぞれの部門で、顧客が欲しい商品を欲しい時期に販売し最終的に完売することを目標にして業務にあたることがポイントとなります。

 

 

《各部門の仕事内容》

アパレルメーカーでは、それぞれの違った能力を持った優秀なメンバーが集まり顧客に喜ばれるブランドや店舗を運営しています。そこで、アパレルメーカーの各部門の業務を理解し、それぞれの部門がどんな仕事をしているのかを理解して欲しいです。

 

また、それぞれの部門の業務精度が高いと業績が良くなりますが、逆に課題が多いと業績がダウンすることになります。

 

 

「商品企画部門の業務」

 

・MD/ マーチャンダイザー

 

マーケットやトレンド分析、店舗ごとの商品配分や売上分析など分析業務も重要な職務です。様々なデータを元に商品企画、バイイング計画やプライシング、予算管理など、シーズンの商品全体を統括する重要なポジションです。予算管理、企画計画、販売計画、売上分析、市場調査、バイイング計画、プライシングなどを行います。。

 

・デザイナー、パタンナー

 

デザイナーとパタンナーの仕事内容は異なりますが、商品をつくるにはどちらも欠かせない役割です。日々新たな商品を生み出す仕事で、商品企画、縫製仕様書作成、素材選び、サンプル依頼&チェック、コスト交渉、納期管理などを行います。

 

・バイヤー

 

MDが決めたシーズン全体の計画を元に商品の買い付けを行い、納期管理、販売計画を立てます。ショップスタッフ向けに買い付けた商品の勉強会を実施したり、コーディネート提案も行い、バイイング、商品振り分け、プライシング、スワッチの作成、スタッフへのトレーニング、売上分析などを行います。

 

 

「生産管理の業務」

 

・生産管理

 

製品がきちんと販売できる商品になるまでの全ての工程を計画通り進行させるために管理をする仕事で工場への発注や縫製工場とのコミュニケーション、品質保持と原価交渉など主に工場とのやりとりが中心です。生産計画、工場への発注、原価管理、伝票作成、資材調達、品質管理などを行います。

 

 

「販売促進の業務」

 

・PR、宣伝

 

商品やブランドのPR活動をしたり店舗のイベントを活動を企画などを。消費者の認知を増やすため、売上を伸ばすためなどにメディアでの宣伝活動を行います。雑誌のタイアップや撮影、取材立会いやスタイリストへのサンプル貸し出しなど職務内容は多岐に渡ります。商品貸出、リリース作成、サンプル管理、広告管理、プロモーション、自社ウェブサイト・SNS運用など。

 

 

「店舗運営、店舗開発の業務」

・営業

 

自社ブランドの商品や卸営業、百貨店営業や出店交渉など営業といっても活動領域は多岐に渡ります。卸先への営業、新規開拓、売上管理、販促、販売管理、店舗運営管理、損益管理などを行います。

 

・VMD / ビジュアルマーチャンダイザー

 

マーチャンダイザーが発信するテーマを元にシーズン毎のVMDプランの作成、各店舗への運用、展開を実施。全国の店舗を周り、店舗内のレイアウトやディスプレイの変更、メンテナンス、販売スタッフへのVMDトレーニング業務を行う。シーズンごとのVMDプラン作成・運用、内装施工、マネキンや什器の手配、店舗レイアウトやディスプレイを変更、スタッフトレーニングなど。

 

・SHOP STAFF / 販売員

 

接客、顧客開拓、商品検品、在庫管理、返品作業、顧客管理、アフターサービス、商品レイアウトなどを行います。

 

・SV / スーパーバイザー

 

店舗と本社のパイプ役となり、複数店舗の運営管理を行う役割でエリアマネージャーとも言われます。本社の意向を現場に落とし込み、店長クラスの教育指導や問題解決をするまさにエリアを統括する役割。販売員、店長からキャリアアップする人も多く店舗運営管理、マネジメント、店長のサポート、研修の導入、販売トレーニング実施、競合他社分析など

 

 

「インターネットの販売業務」

 

・EC / イーコマース

 

自社で運営するオンラインショップの運営を担当します。在庫管理や企画、デザイン、撮影、編集など、さらにSNSの普及によりコンテンツマーケティングで売上促進を測るケースも増えていて。コンテンツ企画、デザイン、在庫管理、商品発送、撮影、編集、メールマガジン送信などを行います。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ