台湾の調味料お土産で人気

 



 

台湾旅行でのお土産は、美味しい台湾料理には欠かせない調味料がオススメ。

 

この調味料があれば、日本でも簡単に美味しい台湾料理が再現でき、喜ばれるコト間違いなし!

 

コンビニエンスストアーやスーパーマーケットでも売っていて、安価でコンパクト。

 

 

 

台湾の調味料は、たくさんの種類があってどれを選べば良いのか迷われる方も多いと思います。

 

パッケージには見慣れない中国語の名前が書いてあるのですが、何に使う調味料なのか全く想像がつきません。

 

そこで、今回は台湾旅行のお土産で絶対に外さないオススメ調味料を紹介します。

 

この調味料は、ほとんどのスーパーやコンビニエンスストアーには売っていて、コンパクトなタイプから家庭用のサイズまで揃っています。

 

 

 

沙茶醬(サーチャージャン)

 

おそらくどの台湾家庭にもあるであろう常備調味料。

 

日本の味噌的な感じでしょうか。

 

沙茶醤はヒラメなどの魚介類をベースに、ニンニク・ゴマ・香辛料・油を加えて煮込んだ調味料です。

 



 

 

魚介のうま味と香辛料が効いた独特の風味があり、牛肉の炒めものや火鍋のつけダレなどに使われています。

 

広東の潮州地方発祥とされていますが、もともとはインドネシアのサテに使われているソースがルーツだといわれています。

 

英語ではバーベキューソースとも言われ、台湾や香港では非常にポピュラーな調味料として家庭でも使われているそうです。

 

 

 

使用方法:野菜炒めにバッチリ。

 

葉物野菜とよく合います。

 

まず、油、にんにく、鷹の爪を入れてしっかり香りを出したところで、豚肉、野菜そしてこの沙茶を入れて炒めれば完成です。

 

日本でこの味を食べたことがありませんが、深みがあってとても美味しいです。

 

日本人は好きな味だと思います。

 

肉や魚、野菜などほぼすべての食材との相性が良く、ひとさじ加えるだけで料理の味がグンとおいしくなる沙茶醤ですが、自宅で取り入れるにはどのように活用すれば良いのでしょうか。

 

そこで、沙茶醤を使ったおすすめレシピのなかでも代表的なものをご紹介したいと思います。

 

 

 

インゲンの炒めものです。

 

熱くしたフライパンに油をひき、強火でインゲンを炒めます。

 

油が全体に行き渡ったら、塩、砂糖、水を入れ、肉みそとザーサイ、沙茶醤を入れて炒めれば、ご飯もすすむ本格台湾料理の完成です!

 

女性の方はもちろん、一人暮らしや料理を作る男性にも喜ばれると思います。

 

この調味料があることで、日本では味わえない美味しい台湾料理が簡単にでき、台湾旅行のお土産には最もオススメしたい一品です!

 



 

掲載関連おすすめ商品《おみやげサポート》


▼おみやげサポートを見る

日本のメーカーからご自宅へお届けいたします。


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ