島らっきょうの栄養と時期



 

 

沖縄の島らっきょうは、本土のラッキョウより小振りで独特の辛みがあります。

においも強烈なニオイですが、一度食べるととってもクセになるのがこの『島らっきょう』です。

 

島らっきょうの特徴は、本土のラッキョウより小振りで、ニオイもとても強烈。

 

 

 

沖縄では島らっきょうのチャンプルーや島らっきょうの浅漬け、島らっきょうの天ぷら、島らっきょうのキムチ漬けなど色々な食べ方があります。

島らっきょうは素材の風味を活かすため若いうちに収穫して生で、軽く塩を振って浅漬けにして食べるのが、沖縄の居酒屋でも人気。

 

島らっきょうの形は細長くて、ネギに近い形です。

 

香りと辛味が強く、収穫時期は1月頃から4月頃までの収穫され、生で食べるのも最高!炒めて食べるのも最高。揚げて食べるのも最高。といろいろな料理にもお使い頂けます。

 

 

 

島らっきょうの収穫時期は、4月から9月に植え付けを行い12月から6月まで収穫されます。

 

本土のラッキョウより細くて小さいのが特徴です。夏物もありますが、冬物の方がシャキシャキ感があり、パリっとした新鮮味があるので、とっても美味しいです。

 

島らっきょうのは主に沖縄の離島の伊江島や、沖縄南部糸満市で作られています。

 

島らっきょうには『アリシン』と呼ばれる成分が入っており、この成分があの島らっきょうの特徴のニオイ成分なんです。

 

またアリシンがビタミンB1の吸収をよくする働きがあります。

 

島らっきょうには、血が固まるのを防ぐアデノシンという物質が多く含まれ、アデノシンには、血行促進作用があるので、頭皮の血行を良くしてくれ、髪の成長に必要な栄養分を毛根に届ける手助けをしてくれます。

 

血液の循環がよくなると、心臓に必要な酸素や栄養分が血液と共に送られてくるので、心臓の機能がアップして痛みが取れてくるというわけです。

 

沖縄県民は脳卒中や心臓病の疾病が、全国でもっとも少ないといわれています。その要因のひとつに考えられるのが「島らっきょう」の常食。

 

狭心症になった方が食べ続けたら狭心症の発作が出なくなり、血圧も安定するようになったという声もあります。

 



 

レンタカーは沖縄旅行に行く前に必ず予約しましょう!

掲載関連《おすすめレンタカーサポート》

▼おすすめレンタカーサポートを見る

このサイトからご予約をお承ります。

 

掲載関連おすすめ商品《おみやげサポート》

▼おみやげサポートを見る

このサイトからご注文をお承ります。

 



サブコンテンツ

このページの先頭へ