XO醤は台湾人気のお土産



 

※画像をクリックで購入可能

 

貝柱と干しえびをベースにした最高の中華辛味調味料です。

 

他の醤と異なり、乾物を主原料とするXO醤は、台湾や香港では調味料としてだけでなく、高級な酒の肴や箸休めとしても食され、レストランでも単品メニューとして載せている場合があります。

 

チャーハンや炒め物に加えると料理の味が一層引き立ちます。

高級な酒の肴や箸休めとしても、そのまま白ご飯に載せたり、きゅうりや茹で野菜に載せたり、チャーハンや野菜炒めに入れて味がぐんとレベルアップ!

 

※画面をクリックで購入可能。

 

《香港XO醤》

 

1980年代における中華料理の世界では、「新派」と呼ばれる諸外国の要素を取り入れた新しい料理を追究する分野が急速に発展していた。

 

その中で香港・ペニンシュラホテルの広東料理レストラン「嘉麟楼」の料理長だった許成が高級食材をふんだんに使い、単なる調味料を超えた新しい調味料を開発。

 

それがXO醤である。XO醤は新しいもの好きな香港人の心をとらえ、その名に恥じぬ味も相まって瞬く間に大流行。

 

今日では世界各地に広まっている。

 

なお、日本でXO醤を広めたのは周富徳と言われています。

 



 

《おみやげサポート》

 



サブコンテンツ

このページの先頭へ