ヤムチン沖縄お土産焼き物



 

 

 

「やちむん」とは沖縄の焼きもののことで、鉄分を大き含んだ赤土でどっしりしっかりとしたつくりで大胆な絵柄が特徴です。

読谷村にある「やちむんの里」。やちむんの種類の一つである「読谷山焼(よみたんざんやき)」の工房が19もあります。

やちむんの里に入りると誰もが沖縄観光ガイドブックで見たことがある「登り窯」があります。

登り窯とは、坂の上に向かって設けられた窯のことです。

 

 

 

やむちんには二種類あって、古くより泡盛や海産物を入れるための甕(かめ)として使われた釉薬をかけずに焼き上げた荒焼(アラヤチ)。

そして食器や花器として使われた白土で化粧がけしたり釉薬をかけた上焼(ジョーヤチ)があります。

 

《伝統的な四柄》

 

唐草

 

 

梅紋

 

 

三彩点打

 

 


角紋

 

 

現在では本土から沖縄に移住したアーティストの方々が、伝統を守りながらも新しい作品を制作されています。

今後、若手のアーティストの方の作品も楽しみです!

やむちんで食べる沖縄料理も格別ですよね。

 



 

レンタカーは沖縄旅行に行く前に必ず予約しましょう!

掲載関連《おすすめレンタカーサポート》

▼おすすめレンタカーサポートを見る

このサイトからご予約をお承ります。

 

掲載関連おすすめ商品《おみやげサポート》

▼おみやげサポートを見る

このサイトからご注文をお承ります。

掲載関連限定商品《限定アイテム》

▼限定アイテムを見る

このサイトからご注文をお承ります。

 



サブコンテンツ

このページの先頭へ