Vol.123 知的財産権、米が監視リスト公表 台湾は指定されず




 

【 Vol.123 知的財産権、米が監視リスト公表 台湾は指定されず】

 

 

米通商代表部(USTR)は28日、知的財産権侵害に関する年次報告書を発表した。中国大陸やタイなど11カ国・地域が「優先監視国・地域」とされたほか、ベトナムなど23カ国・地域が「監視国・地域」とされた。台湾はいずれにも指定されていない。

知的財産権に対する対外制裁に関する条項、スペシャル301条に基づく措置。台湾は過去に「監視」の対象とされていたが、2009年以降指定から外されている。経済部(経済省)国際貿易局は、知的財産権の保護に関する取り組みが認められたとコメント。ただ、米側は台湾に対して営業秘密の保護強化などを求めているとし、対応を強化する考えを示した。

同局では、薬事法や著作権法、商標法などの修正や改正を進め、今後も台米貿易投資枠組み協定(TIFA)などの機会を通じて米側と意思疎通を図るとしている。

(黄雅娟/編集:齊藤啓介)



【音声動画】

「本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け!」
海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウ

 

著者:新家章秀

 

【目次】 
※テーマ(Vol.)をクリックしていただくと音声動画で内容を聞くとこができます。

 

 

 

 

 

 

 




 

【台湾・沖縄そして南国好きのためのWEBマガジン】

 

毎日のローカルな暮らしの中で、感じることや気付いたこと、また気になるニュースをテーマに分けてまとめています。

旅行前の知識習得や移住やビジネスで起業、進出を考えている方のマーケティングの参考になれば幸いです。

毎日更新していますので、お時間がある時やスキマ時間にご興味のあるテーマの記事をご覧ください。




——————————  もくじ ——————————

 

 

 

 

 

 

  1. 台湾の気になるニュース
  2. 島ビジネスのヒント
  3. 台湾小売ビジネスのノウハウ(音声動画)
  4. 台湾ビジネスのサポート依頼・ご相談・お問い合わせ

 

  1. 日本で台湾生活雑貨・沖縄雑貨を購入
  2. 日本で島島島ブランドを購入
  3. 台湾で沖縄雑貨・島島島ブランドを購入






サブコンテンツ

台湾進出・小売業の業務改善のサポートに関するご相談・お問い合わせ

このページの先頭へ