台湾料理の味・特徴・魅力

 



 

 

日本人なら誰しも中華料理と聞くといくつかの料理を思い浮かべますよね。

 

小籠包、タンツーメン、水餃子など、これは中華料理?台湾料理?

 

そこで、私が台湾料理と中華料理との違いを紹介させていただきます!(笑)

 

まず、中華料理には北京料理、宮廷料理、東北料理、河南料理、西安料理、西北料理、四川料理、雲南料理、湖南料理、上海料理、淮揚料理、杭州料理、安徽料理、福建料理、広州料理、潮州料理、客家料理、江西料理、薬膳料理など多くの種類があります。

 

台湾料理は、台湾、中国大陸、日本の複数の食文化が融合された福建料理を基本にした料理です。

 

海に囲まれた台湾は、海の幸、山の幸、温暖な気候による果物が豊富で食材に恵まれていて、南の方へ行くとマンゴー、パイナップル、バナナなどまさに南国のフルーツの宝庫。

 

料理の味付けは客家料理や日本料理の影響を受けていることから塩味や醤油味が多く、比較的油は少なめ。

 

乾物や塩蔵食品も多様し、地瓜粉に代表される粉物の種類が豊富で揚げ物のバリエーションも数多いのも特徴。

 

台湾のスーパーに行くと片栗粉、メリケン粉など中国語でたくさんの種類の粉物が品揃えされています。

 

肉類は豚肉が中心で食材を無駄にしないという考え方から内臓・血液を余すことなく使う調理方法が発展しています。

 

これは沖縄の食文化にも似ていますよね。

 

これらの料理は屋台でもよく食べられ、盛り付けは素朴で家庭的な雰囲気で、料理を少しずつ小皿に盛り付けるスタイルが知られています。

 

日本統治時代の名残で鍋、刺身、天ぷらなどが独自の味に変化しながら寝ずいている点も興味深いです。

 

天ぷらは沖縄も美味しいですね。

 

 

 

台湾料理にはもう一つ台湾素食というジャンルがあります。

 

台湾素食とは日本でいう精進料理のこと。

 

台湾素食は、美味しくて低カロリーでダイエットに最適なんです。

 

肉、魚介、卵を使わずにタンパク質は大豆グルテンや湯葉などで代用。

 

タマネギ、ネギ、ニラ、ニンニクなどは使用しない。みりんや料理酒などアルコールが入っている調味料も使いません。

 

魚の代用品は湯葉、エビはこんにゃくといった、素食専用の食材はバラエティーに富んでいます。

 

オイスターソースやケチャップ、ダシつゆなどの調味料も素食専用の製品が充実し、低カロリーで減量したい人にはオススメの中華料理なんです。

 

ただし、現在は、素食の台湾料理も一般の台湾料理と同じ調味料や油などを使い決して低カロリーといえない台湾素食のお店が多くなっています。

 

台湾素食でもダイエットには繋がらないケースもあるので食べ過ぎには、注意してくださいね(笑)。

 



 

掲載関連おすすめ商品《おみやげサポート》

▼おみやげサポートを見る

このサイトからご注文をお承ります。

 

掲載関連限定商品《台湾レトロ生活雑貨店》

▼限定アイテムを見る

このサイトからご注文をお承ります。

 



サブコンテンツ

このページの先頭へ