サガリバナの時期沖縄離島



 

たった一夜だけ咲いて朝には散ってしまう儚い花「サガリバナ」。

 

開花時期は沖縄が梅雨明けする初夏の6月下旬から7月下旬までです。

 

サガリバナの花言葉は「幸運が訪れる」。

 

夜になってから花が咲くサガリバナを見ることができたら、幸運が訪れるかもしれないですね。

 

春になれば日本全国で桜の花が咲き花見をしますが、初夏になれば沖縄では桜とはまた違った儚さのある花「サガリバナ」を鑑賞することができます。

 

 

 

4枚の白い花弁に、無数に伸びるピンク色の雄しべが特徴です。

 

花が木の枝から垂れ下がって咲くことから「サガリバナ」と呼ばれている。

 

別名「サワフジ」とも呼ばれ、夏の夕方から咲き始め夜には美しい花を咲かせ、夜明けとともに散ってしまいます。

 

沖縄でサガリバナと言えば西表島が有名ですが、地域によっては、西原町でサワフジや銭掛け木(ジンカキーギー)、名護市真喜屋でモーカバナ、那覇市・首里ではキーフジという名称でも親しまれている。

 

 

 

沖縄の島々の中でもマングローブのある西表島などで鑑賞するコトがオススメ。

 

散り際も美しく、花びらがマングローブの川辺に浮かぶ光景は、とても幻想的なのです。

 

花びらは明け方には散ってしまいますが、翌日には別のつぼみが次々となるのでほぼ毎日のように観賞できます。

 

サガリバナ(Barringtonia racemosa)はサガリバナ科の常緑高木で、東南アジア一帯の熱帯・亜熱帯に分布し、日本では南西諸島(奄美大島以南)に自生しマングローブの後背地や川沿いの湿地に生育しています。

 

夜に開花して翌朝には川面に落ちてしまう幻の花「サガリバナ」。

 

早朝に川に散った花もまた咲いている姿とは違い感動です。

 

西表島西部の仲良川上流でバニラのように甘い香りを放ちながら咲きほこる花は、川面にぽたぽたと落ちる様子、そして川面に浮いて流れる様子を、初夏の一時期だけ(6月下旬~7月下旬)眺めることができます。

 

その落ちた花が、川を流れる姿は優雅で美く、幻想的な風景です。

 

たった一ヶ月の期間で、一夜だけ咲いて散ってしまう花を見るために、西表島のマングローブの奥地にある知る人ぞ知るサガリバナの名所へカヌーで目指すなんていうのも贅沢な旅ですよね。

 

沖縄の島々を旅行するときに、時期に合わせた本土では見るコトができない行事などがあります。

 

体験してみたいそれぞれの島コトを調べて、島旅行をしたいですね。

 

きっとすばらしい体験ができると思います!

 



 

レンタカーは沖縄旅行に行く前に必ず予約しましょう!

掲載関連《おすすめレンタカーサポート》

▼おすすめレンタカーサポートを見る

このサイトからご予約をお承ります。

 

掲載関連おすすめ商品《おみやげサポート》

▼おみやげサポートを見る

このサイトからご注文をお承ります。

掲載関連限定商品《限定アイテム》

▼限定アイテムを見る

このサイトからご注文をお承ります。

 



サブコンテンツ

台湾進出・小売業の業務改善のサポートに関するご相談・お問い合わせ

このページの先頭へ