沖縄お土産郷土玩具の張子



 

 

 

張り子、あるいは張子(はりこ)とは、竹や木などで組んだ枠、または粘土で作った型に紙などを張りつけ、成形する造形技法のひとつです。

 

中は空になっており、外観と比較して軽いものが大半を占めます。

 

「はりぼて」とも。

 

張り子の技術は2世紀に中国に始まり、アジアやヨーロッパに伝わったといわれます。

 

日本全土に分布し、郷土玩具などに用いられました。

 

 

琉球張子職人

玩具ロードワークス 豊永盛人(トヨナガ モリト)

<プロフィール>出身地 沖縄県

 

沖縄に古くから伝わる琉球玩具の一つ『琉球張子』。

 

ロードワークスさんは沖縄をモチーフとした張子を数多く手がけています。

 

伝統技法と現代的な感覚、そして独特なユーモアをミックスした作品は、どれも温かみがあって愛くるしい作品ばかり。

 

ゆる~くて可愛いキャラには思わずクスリとさせられます。

 

大学時代にアメリカに渡り、美術館で出あったアフリカの彫刻に感銘を受けた豊永さん。

 

物も道具も満足にない中で生まれた作品に、深く心を揺さぶられたのだそう。

 

いつか自分も何かで……という想いで帰国したところ、友人から琉球張子の作り手にならないかと誘われ、沖縄の地に根差したものづくりをはじめました。

 

とはいえ、それからは試行錯誤の日々。

 

後継者不足で技術が受け継がれていなかったため、作り方を教えてくれる人がいなかったそう。

 

そんな豊永さんの張子は、伝統の古典張子からくすっと笑える現代モチーフの張子までバラエティ豊か。

 

豊永さんデザインのTシャツ

 



 

レンタカーは沖縄旅行に行く前に必ず予約しましょう!

掲載関連《おすすめレンタカーサポート》

▼おすすめレンタカーサポートを見る

このサイトからご予約をお承ります。

 

掲載関連おすすめ商品《おみやげサポート》

▼おみやげサポートを見る

このサイトからご注文をお承ります。

 



サブコンテンツ

このページの先頭へ