アグー豚を沖縄で食べ放題

 



 

沖縄に行くとアグーの焼肉を食べないと落ち着かないですよね。

 

うまー、これがアグーの食感、ウーたまらーん。

 

アグーは、今から約600年前に中国から沖縄に伝来したといわれています。

 

沖縄で飼い続けられていた小型の「島豚」が由来となっています。

 

アグーは、普通の豚に比べてかなり小型で、成長が遅いです。

 

大人のアグーの体重は約110kgですが、普通の豚は200~300kg。

 

外見は黒毛で毛質は固く長く、腰は低く湾曲し、腹部は地に着くほどに垂れ、足は太く短い。

 

粗食に耐え、疾病に強いという。

 

 

アグーの肉質は、霜降り肉で脂に甘みと旨みがあり、一般的に市販されている豚肉に比べて肉質が優れていると評価されています。

 

コレステロールが外来種の4分の1、ビタミンB1が豊富で、また旨味成分のグルタミン酸が多く含まれているという。

 

臭みがなく、脂が香ばしいのが特徴。

 

現在、「あぐー」とは商標登録された商品で、在来豚アグーのオスとLW(ランドレースと大ヨークシャーのハーフ)のメスを交配させたのが「あぐー」です。

 

日本本土の在来豚はほぼ絶滅しており、外来種の影響をあまり受けなかったアグーは沖縄の貴重な観光資源となっています。



サブコンテンツ

台湾進出・小売業の業務改善のサポートに関するご相談・お問い合わせ

このページの先頭へ