沖縄人気スポット聖地巡礼



 

 

《沖縄最高の聖地「斎場御嶽(せーふぁうたき)」》

 

2000年12月、首里城跡などとともに「琉球王国のグスク及び関連遺産群」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された現在の沖縄県南城市にある史跡「斎場御嶽」。

 

知念半島にある斎場御嶽(せーふぁうたき)は琉球の始祖「アマミキヨ」が造ったとされ、国始めの七御嶽の一つといわれる沖縄最高の聖地です。

 

斎場御嶽(せーふぁうたき)は、琉球王朝時代には国家的な祭事が行われてきた沖縄を代表する聖地。

 

その信仰はその後も絶えることなく続いており、現在でも「聖なる空間」として手厚く守られています。

 

御嶽(うたき)とは、沖縄の聖なる空間であり、祈りの場。

 

斎場御嶽は、琉球の創世神話に登場する沖縄の七御嶽のなかでも、最も格の高い聖地とされている。

 

もともとは男子禁制の場で、琉球国王でさえ、聖域内に入る際には女性用の衣装に着替えたと伝えられている。

 

実際に訪れてみると、そこが聖地であることを体感できる。

 

樹々が青々と茂る静かな空間、時折吹き抜ける風、緑の葉っぱの隙間から差し込む日光は心地よく、神の気配さえ感じさせる。

 

 

 

《神の島「久高島」》

 

沖縄本島から高速船で約15分の小さな島。

 

琉球の創世神アマミキヨが天からこの島に降りてきて国づくりを始めたという、琉球神話聖地の島。

 

神の島と呼ばれるだけあり、御嶽(うたき)や拝み所(うがんしょ)などの聖地が点在する久高島。

 

カベール岬は、沖縄の国造りの神、アマミキヨが降り立ったとされる神聖な岬。

 

森を抜けると現れる白砂のイシキ浜。もちろん遊泳は厳禁。

 

水が貴重だった久高島の神聖な泉、ヤグルガー

 

島民にとって非常に大切な聖地です。

 



 

レンタカーは沖縄旅行に行く前に必ず予約しましょう!

掲載関連《おすすめレンタカーサポート》

▼おすすめレンタカーサポートを見る

このサイトからご予約をお承ります。

 

掲載関連おすすめ商品《おみやげサポート》

▼おみやげサポートを見る

このサイトからご注文をお承ります。

 



サブコンテンツ

このページの先頭へ