人気の沖縄琉球ガラス体験

 



 

 

沖縄に行くと体験したいのが、琉球ガラス作り体験ですね。

 

おしゃれな雑貨として、琉球ガラスのグラスなどお土産にも良いです。

 

琉球ガラス(りゅうきゅうガラス)は、沖縄県の沖縄本島を中心に生産される、吹きガラスなどのホットワーク作業のガラス工芸品です。

 

「沖縄ガラス」「琉球硝子」とも言われている。

 

吹き竿に先に溶けたガラスを巻き付け、空気を送り込んで成形する宙吹き法を使った吹きガラスの技で、オリジナルなカラフルなグラデーションや気泡を入れるなど独自の作品を仕上げます。

 

現在は、その伝統技術を継承する職人と若手アーティストが手作りで、固定概念にとらわれることなく、それぞれの独創的な発想で楽しく面白い作品を発表している。

 

 

「琉球ガラス」は、太平洋戦争後の資源難のため、沖縄にあるアメリカ軍基地で捨てられたコーラやビールの空き瓶を溶かして再利用したことから始まったそうです。

 

その製造はアジアでも沖縄は早くからガラス作りがされており、明治時代中期には始まっていたとされます。

 

琉球ガラスは、戦後に雑多な瓶を溶かして再生されたガラスを使用して作成されたことから、厚手の赤色や緑色などの多彩な色合いとなり、再生の過程で混入する気泡と相まって独特の味わいをもつガラス製品となりました。

 

 

お店によって異なるが、一つ一つ手作りなので値段は少し高めで1000〜3000円程度。

 

琉球ガラスの職人が「現代の名工」に選出されるなど、沖縄の伝統工芸や地域ブランドとして認知度を高まっています。

 



 

レンタカーは沖縄旅行に行く前に必ず予約しましょう!

掲載関連《おすすめレンタカーサポート》

▼おすすめレンタカーサポートを見る

このサイトからご予約をお承ります。

 

掲載関連おすすめ商品《おみやげサポート》

▼おみやげサポートを見る

このサイトからご注文をお承ります。

 



サブコンテンツ

このページの先頭へ