沖縄お土産はスーパー調達

 



 

《沖縄のスーパーの調味料》

 

 

沖縄には地元の素材で作った独特の美味しい調味料やがスパイスいろいろあります。

 

今、沖縄の調味料やスパイスは、旅行のお土産として人気上昇中。

 

島野菜や島で収穫される食材で作られているので、希少価値があります。

 

また、その調味料やスパイスを使うと今までにない独自の味が発見できるので、料理が楽しくなりますよね!

 

今回は、沖縄で長年愛され続けている主なその島の調味料、スパイスを紹介いたします。

 

 

《シママース》

 

沖縄の人は塩をマースといい、シママースは沖縄の塩という意味です。

 

シママースは平釜でにがり分をとるのに、時間をかけてゆっくりと結晶化するので、食塩より粒が荒目。

 

粒が大きいので、焼き魚などをに使用した場合、舌に触れたときショッパさと、そうでない部分のさがはっきりとした味です。

 

《「ヨネマース」(「よね」は地名)》

 

昔ながらの平釜製法、薪による手作り塩です。

 

一般家庭や沖縄県内の料理店で広く愛用されてる塩で野菜や海産物等の漬物に最適です。

 

 

《コーレーグース》

 

小ぶりの島唐辛子を泡盛漬けにした液体スパイスは、沖縄の食堂などでおなじみのピリカラ調味料です。

 

沖縄そばには、必須のアイテムで数滴かけるだけでほのかな泡盛の香りと島唐辛子の辛さがスープの味をピリッと引きしめます。

 

 

《石垣島ラー油》

 

石垣島のみで製造されている具材を食べるタイプのラー油(辣油)です。

 

「辺銀食堂(ぺんぎんしょくどう)」 石垣島在住の夫婦が、具材を食べるタイプのラー油を開発し、2000年(平成12年)、石垣島にて開催されたイベントで販売し好評となり、その夫婦が営む店で作られるようになった。

 

那覇の国際通りには、石垣島ラー油発祥のお店「辺銀食堂(ぺんぎんしょくどう)」の姉妹店「こぺんぎん食堂」があり、石垣島ラー油を使ったお料理を味わうことができます。

 

 

《アンダンスー》

 

アンダンスーは、細かく切った豚の脂身を味噌、砂糖、泡盛で長時間かけて煮込みます。

 

油味噌(あぶらみそ)、アンランスー、アンダンス、アンダミスーとも呼ばれている。

 

沖縄ではおにぎりの具として定番です。

 

甘辛く仕上がったあんだんすーは白いご飯と相性ぴったり、田楽や焼きナス、味噌煮など幅広く利用できます。

 

味噌も豚の脂肪も、高温多湿の沖縄の環境下では重要な保存食であり、一種の常備菜です。

 

 

《ヒバーチ》

 

ヒバーチ(島コショウ)は日本では沖縄でしか育たない香辛料の一つで、石垣島で栽培されています。

 

石垣島では沖縄そば屋さんにいくとコショウとして置いている。

 

コショウといっても普通のコショウとは違い、甘い香りが漂い、最初は甘味を感じますがあとからピリピリと辛さを感じてきます。

 

 

《黒糖》

 

サトウキビの茎の絞り汁を加熱し、水分を蒸発させて濃縮したものを冷やし固めて作ります。

 

サトウキビから作られた黒糖はカルシウム、リン、鉄、ビタミン等の栄養分がたっぷり含まれている。

 

白糖や三温糖よりも血糖値の上昇をゆるやかにするため満腹感が持続しダイエットにも効果的だそうです。

 

コーヒーや紅茶に入れたり、普段の料理やお菓子の材料に使っても美味しい。

 

まだまだ、沖縄独自の調味料やスパイスはたくさんあります。

 

沖縄旅行のお土産や家族との料理を作る時などの隠し味に沖縄独自の調味料やスパイスを使うのもいいですね。

 

手作り料理の隠し味にどうぞ!

 



 

レンタカーは沖縄旅行に行く前に必ず予約しましょう!

掲載関連《おすすめレンタカーサポート》

▼おすすめレンタカーサポートを見る

このサイトからご予約をお承ります。

 

掲載関連おすすめ商品《おみやげサポート》

▼おみやげサポートを見る

このサイトからご注文をお承ります。

 



サブコンテンツ

このページの先頭へ