台湾の十分のランタン祭り



 

 

《ランタン(天燈)上げ》

 

台湾の観光スポットといえば九份が定番と思われがちですが、九份の次におすすめしたいスポットは、「十分」という街です。

 

十分は、外国人観光客が多い九份とは異なり、地元の台湾人にも人気の観光スポットになります。

 

十分は台北郊外にある願いを書いて空に飛ばします大きなランタン(天燈)上げで有名な町。

 

天燈上げは、ローカル線の『平渓線(ピンシーシエン)』が通っていて、電車がスレスレで通る線路上で1.5m程の気球状のランタンの下の火種に火をつけて飛ばします。

 

この十分での天燈は、そもそも年末年始の時期に増える盗賊から身を避けるため山に逃げていた村民に、家の番をしていた使用人たちが、小正月を過ぎた頃、安全を知らせるために飛ばしていたと言われています。

 

台湾の旧暦で言う『元宵節』を祝う為の行事ですが、現在は1年を通してランタン飛ばしを体験する事ができます。

 

ちなみにこの飛ばして落ちたランタンのゴミは、地元の方が集めて役所に持っていくとおこずかい程度のお礼金がもらえるということみたいです。

 

 

《平渓天燈祭》

 

最も観光に良い時期は、毎年旧正月に行われる「平渓天燈祭」です。

 

旧暦1月15日の元宵節は旧正月イベントのクライマックスに当たります。

 

この日は「小過年(小正月)」と呼ばれ、どの家庭でも家族みんなで賑やかに過ごすのが習慣。

 

「鬧元宵」とも言われています。

 

私が是非お勧めしたい場所が、九份と同じく台北市から車で一時間ほどの郊外に位置する町、「十份」と言う街。

 

世界中から何万という観光客が集まり、願い事を書いた天燈(ランタン)を一斉に飛ばします。

 

 

《十分瀑布》

 

「十分駅」から歩いて約15分のところには、大きな『十分瀑布』という滝もあります。

 

台湾最大の滝で、幅約40メートルに渡って半円に広がるカーテン型の滝はその姿形から「台湾のナイアガラ」と呼ばれるぐらい迫力満点。

 

ぜひ、十分に行く際は、この滝にも足を運んでください。

 

 

《十分への行き方》

 

電車は台北駅から台湾国鉄に乗って瑞芳駅へ行き、そこから平渓線に乗り換えて十分駅で下車。
(約90分で1回乗り換え)

 

電車の中は、台湾人が多く、ローカル線のガヤガヤした雰囲気が味わえ窓から見える景色は最高です!

 

席に座れない場合も多いので、覚悟して乗車してくださいね(笑)。

 



 

掲載関連おすすめ商品《おみやげサポート》

▼おみやげサポートを見る

このサイトからご注文をお承ります。

 



サブコンテンツ

このページの先頭へ