Vol.158 アップルマンゴーのシーズンに突入 今年の価格は比較的手頃に/台湾




 

【Vol.158 アップルマンゴーのシーズンに突入 今年の価格は比較的手頃に/台湾

 

 

台湾の夏の果物として高い人気を誇るアップルマンゴー(愛文)が店頭に並び始めている。

 

行政院(内閣)農業委員会農糧署によると、昨年は異常気象の影響で生産量が5割近く減少したものの、今年は台風被害を受けた南部・屏東で生産量1~2割減となったのみで、主要生産地の台南には影響がなかったため、例年通り出回るという。

 

昨年は生産量の減少に伴い価格が高騰。

 

屏東産は高品質なもので農家の出荷価格が1斤(600グラム)300~400台湾元(約1100~1460円)まで跳ね上がった。

 

農糧署の担当者によれば、現在の小売価格は1斤(600グラム)99台湾元(約362円)。

 

最盛期には同70~80元(約256~約293円)にまで下がる見通し。

 

アップルマンゴーは7月末まで市場に出回り、8月以降は慢アーウィン(慢愛文)やキンコウ(金煌)、キーツ(凱特)などの品種が並べられる。

 

屏東枋山地区農会(農協)によれば、日本への輸出も例年通り行われるという。

 

中央社(楊淑閔/編集:名切千絵)

 

 

【メルマガ登録】

「台湾ビジネス雑談会」「台湾レトロ生活雑貨店」「島島島」にて毎日発信しているブログが、まとめ読みできます。

メルマガ購読・解除

 

 

【音声動画】

「本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け!」
海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウ

 

著者:新家章秀

 

【目次】 
※テーマ(Vol.)をクリックしていただくと音声動画で内容を聞くとこができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

【島暮らしのWEBマガジン/島島島】

〔台湾・沖縄そして南国好きのための情報ポータルサイト〕

 

 

毎日のローカルな暮らしの中で、感じることや気付いたこと、また気になるニュースをテーマに分けてまとめています。

旅行前の知識習得や移住やビジネスで起業、進出を考えている方のマーケティングの参考になれば幸いです。

毎日更新していますので、お時間がある時やスキマ時間にご興味のあるテーマの記事をご覧ください。

 




 

——————————  もくじ ——————————

 

 

 

 

 

 

  1. 台湾の気になるニュース
  2. 島ビジネスのヒント
  3. 台湾小売ビジネスのノウハウ(音声動画)
  4. 台湾ビジネスのサポート依頼・ご相談・お問い合わせ

 

  1. 日本で台湾生活雑貨・沖縄雑貨を購入
  2. 日本で島島島ブランドを購入
  3. 台湾で沖縄雑貨・島島島ブランドを購入

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ