石垣島観光のモデルコース

 



 

石垣島は人口は約4万8千人。

 

沖縄の中でも本島、西表島に次ぐ3番目の大きさで、島の周囲は約139km、一周するには車で約3時間です。

 

 

 

《「川平湾(かびらわん)」》

 

石垣島で最も代表的なビューポイント川平湾。

 

この川平湾は、2009年3月16日にミシュラン最高ランクの3ツ星に格付けされ、美しいエメラルドブルーの海に浮かぶいくつもの小島に囲まれており、湾内に停泊するグラスボートの光景などのパノラマの世界が広がっています。

 

水質がとても良い川平湾は、水がきれいな場所でしか育たない黒蝶貝(くろちょうがい)の養殖に世界で初めて成功した場所。

 

黒真珠(ブラックパール)の一種である黒蝶真珠が作られています。

 

海、ビーチを観光する時の基本として、太陽が真上近辺にある時が一番キレイに見ることができる。

 

午前中からお昼過ぎにかけてで、午後になればなるほど日の傾きによって、水面が反射してしまい海の色を見えない。

 

ボートの待合所のおじぃによれば、より透明度の高い海中を見るには、満潮の2時間前後が適時だということです。

 

きれいな海なので、ついつい泳ぎたくなってしまいますが、湾内は海流がとても強いため遊泳は禁止なので注意してくださいね。

 

 

 

《白保海岸(しらほかいがん)》

 

石垣島の南部に位置し、新石垣空港から程近い白保海岸。

 

沖合1kmほどの場所からは世界最大級のサンゴ礁が広がっています。

 

特に、ここのサンゴ礁は世界的にも貴重なアオサンゴの大群落地として注目されており、海面の上から肉眼でわかるほど、色鮮やかなです。

 

そして、忘れてはいけないのは白保海岸の奇跡の瞬間、天空の鏡。

 

風がなく晴れた日は水面が鏡のようになり、空と海が一体に見えます。

 

いろいろな条件が重ならないと見ることはできませんが、その光景に出合えたら最高にラッキーです!

 

 

 

《マンタスクランブル》

 

石垣島周辺の海底には、魚の汚れを食べるベラなどの小さい魚が生息しているため、体を掃除してもらいたいマンタが集まります。

 

本当にたくさんのマンタが集うため「マンタスクランブル(マンタの交差点)」とも呼ばれています。

 

マンタを間近で見ることができるスポットは世界的にも限られているため、世界中のダイバーの憧れの的です。

 

例年5月から11月までの間、マンタを見ることができますが、多くのマンタが集まるベストシーズン9月から11月です。

 

かなりの確率で6~7匹ものマンタに出合うことができるそうで、シュノーケリングで上からマンタをのぞくこともできるらしい。

 

 

 

 

《フサキビーチでの星空観賞》

 

空気がきれいで、かつ、夜の光の総量が少ない石垣島では、満天の星空を観測することができます。

 

高い建物もないため、ビーチなどに腰を下ろして空を見上げれば、そこはまるで天然のプラネタリウムのようになります。

 

緯度の関係で本州では見ることができない南十字星が5月から6月がベストシーズンで観賞することができます。

 

また夏には天の川が主役の空を見ることができ、砂浜に寝転んで夜空に散らばる星を見ると何もかも忘れて異次元の世界を体験することができます。

 

 

 

 

《白保日曜市(しらほサンゴ村)》

 

新石垣空港から車で10分ほどの場所にある「しらほサンゴ村」では、毎週日曜日に「白保日曜市」が開催されています。

 

八重山諸島中の食材が集まるこの市場は、口コミで存在が知れ渡り、今では観光客も多く訪れる週末イベントです。

 

へちまや島らっきょう、青パパイヤなど八重山産の島野菜が揃うほか、石垣牛などの和牛肉もお手頃価格で購入することができます。

 

普段調理したことの無い食材ばかりで購入をためらわれるかもしれませんが、そこはご安心。

 

お店の人はみな地元の方々なので、食材ごとのおすすめ料理や調理方法、保存方法にいたるまで細かく教えてくれますよ。

 

 

 

《ユーグレナモール》

 

ユーグレナモールは日本最南端のアーケード商店街。

 

石垣市役所から歩いて5分ほどのところにあり、アーケードがあるメインストリートには大小100以上の店舗が軒を連ねています。

 

観光客向けのお土産屋、雑貨屋が多いので、雨天時のショッピングやお土産選びに最適。

 

もちろんレストランやカフェなどもあるので、ランチの時にも便利です。

 

 

 

《石垣市公設市場》

 

また、付近には石垣市公設市場があり、1階には魚屋や精肉店などが入っています。

 

2階には特産品販売センターと衣料・雑貨のお店、3階に食堂があり、建物全体で買い物や食事ができます。

 

とれたての石垣島の魚や魚、野菜などを公設市場で買って、石垣島の調味料でオリジナル料理を作るものいいですよね。

 

石垣島ライフを楽しんでください!

 



&nbsp

掲載関連おすすめ商品《おみやげサポート》


▼おみやげサポートを見る

このサイトからご注文をお承ります。


 



サブコンテンツ

このページの先頭へ