上海で人気が加熱中の自転車シェアリングのビジネスについて


 



 

 

久しぶりに上海に行って気づいたことは、「バイクの台湾」と同じように「自転車の中国」というイメージがあったのですが、その「自転車」が少し変わってきているということ。

 

日本でも少しずつ広がり始めている自転車シェアリングですが、すでに上海では自転車シェアリングサービスの人気が加熱しています。

 

2016年4 月から自転車シェアリングサービスを開始して1年後にはユーザー数は数十万人(正式な人数は非公表)に達した会社もあるようで、大きな注目を集めています。

 

以前の上海も日本と同じくステーションにて借り、ステーションに返すという形式を取ってきていました。

 

この形式ですと、ステーションに空き自転車がない場合は借りられない上ステーションが埋まっている場合は返却できず急速な普及にはつながりませんでした。

 

しかし、今行われているサービスの自転車には全車にGPSが装着されており、アプリを通じてQRコードを読み取ることでレンタル手続きが完了でき、付近に空き自転車さえあれば借りられ好きな場所で乗り捨ても可能です。

 

利用料金は、30分1元(15円程度)という破格の料金で利用できます。

 

 

 

代表的なサービスは、Mobike(オレンジ)、ofo(黄色)、Xiaoming Bike(水色)で、料金は30分0.5元(8円)〜1元(16円)が代表的。

 

競争が激しく各社キャンペーン中らしく各社の会員獲得にちからを入れ、現状は、無料で借りれることが多いということ。

 

《使い方》

 

アプリをダウンロードし電話番号の登録と、銀行口座から引き落とし、またはオンライン決済などの支払い方法の選択、デポジット金299元(約4,500円)の送金、身分証番号による実名認証というステップがありますが、3分もかからずに登録は終了します。

 

外国人の場合ですと、パスポートと自分の顔の画像を送信し、運営側での認証確認を待つ必要がありますが、これも30分程度で終了できます。

 

スマホ画面の地図上に、周辺で使用可能な自転車が表示され、使いたい自転車を選んで予約。

 

QRコードをスキャンすると開錠。

 

返却時は、モバイル決済(支付宝、微信支付)で支払い完了です。

 

 

 

ただ、今後の改善点もいくつかあげられます。

 

初期登録時にデポジットが299元(約5,000円)と高い。

 

初期登録時に自分の顔と身分証明書のID表示面が一緒に映った写真を送信し、実名認証を行うことが面倒。

 

サドルの調整ができない。

 

固定ギアで駆動するのでスピードが遅い。

 

壊れてる場合は、他の車輌を探してくれと言うアラートが鳴るのですが、10台に1台の割合で故障しているらしい。

 

などなど・・・

 

ビジネスとして採算を考えると自転車1台の製造原価は約3,000元(48,000円)ぐらいなので、1台が1日20回転したとして約5ヶ月で元が取れる計算です。

 

このような自転車シェアリングのサービスが急速に普及した背景として、中国では、路上で流しのタクシーを捕まえるのが難しく、1駅〜2駅程度の移動は自転車を使うほうが早いし気が楽ということ。

 

また、上海の地下鉄は荷物チェックが必須で、混雑も多く自転車移動の方がストレスが少ないだとか。

 

このように、生活習慣も変わり関係するたくさんの業界に新しいビジネスが生まれていくことが予測できます。

 

上海以外では北京でも利用でき、広州など各都市にも広がる予定らしい。

 

ただ、各社シェアを伸ばすために大量投下してるため、街の整備が追いついてない状況らしい。

 

グレーゾーンが大丈夫な中国であるからイノベーションが起こしやすい環境かもしれません。

 

日本でも上海の事例を参考にして、進化、整備されたサービスが生まれることを期待します。

 



 

掲載関連《おすすめ教材サポート》


▼おすすめ教材を見る

このサイトからご注文をお承ります。

 



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ