台湾グルメ牡蠣オムレツ



 

台湾のカキ料理のファンは多いですよね。

 

台湾旅行に行かれて台湾料理でカキを食べた方は、「台湾のカキは小粒だけどおいしい」と思った方は多いと思います。

 

この小粒のカキを生かした美味しい料理が台湾にはたくさんあります。

 

 

蚵仔煎(オアチェン)

 

代表的なカキ料理として、蚵仔煎(オアチェン)は台湾と中国の代表的な小吃で、カキ入りのオムレツです。

 

夜市の屋台料理などに代表されるB級グルメは、味、種類ともに非常に豊富で、台湾旅行の醍醐味の一つ。

 

牡蠣好きの人ならば当たり前!と言われるほどの絶品です。

 

半透明のぶよっとしたものと、卵でできたオムレツの中に小さめの牡蠣が入ったオムレツです。

 

台湾の牡蠣は、割と小さめなんですが、風味は濃厚で美味しい。

 

 

 

台湾のかき養殖は、嘉義県の東石郷や彰化県の王功漁港の海岸ぞいがもっともさかんだそうです。

 

かきの種類は、「七耳蚵」と呼ばれるもの。

 

行われている養殖方法は、ロープに連ねたカキ殻をイカダに垂れ下げる垂下式という方法です。

 

しかし日本のように質の良い幼い小さな貝が集まる水域で採取して養殖地に移し、その後、何度か手をかけるということはしないようです。

 

話を聞くと最初から収穫まで、カキ殻をつるして幼い小さな貝を付着させて成長させるといいます。

 

栄養分、水温その他の諸条件がカキの産卵および成長に適した水域であることは間違いないと思いますが、かき養殖としては技術的に初期段階のようです。

 

このように台湾のカキが小粒なのは、必ずしも種類だけの理由ではないようです。

 

その小粒のカキをどのような料理にすれば美味しいのか?という台湾の先人の知恵、食文化がすごいでしょうね。

 

台湾には、蚵仔煎以外にもたくさんの美味しいカキ料理があります!

カキの唐揚げ

 

カキの麺線

 

麺線で有名店といえば西門町の「阿宗麺線」ですが、鰹ダシで大腸も歯ごたえがあり美味しいです。

 

寧夏夜市の北側の民生西路沿いの「阿川蚵仔麺線」は牡蠣と大腸が入った麺線です。

 

牡蠣は台湾らしい小ぶりの牡蠣で、プリプリしていて濃厚、大腸は魯肉飯のような味付けで煮こまれており、かなり柔らかく、全体的な味付けとしては、鰹だしがほんのり効いていて、若干薄めです。

 

テーブルには色々な調味料がのっているので好みで味の調整が可能です。

 

こちらは牡蠣入りで全体的に優しいお味な感じです。

 

台湾にはたくさんの美味しいローカル料理がありますが、台湾の小さい牡蠣の料理にもチャレンジしてみてください!

 



 

掲載関連おすすめ商品《おみやげサポート》


▼おみやげサポートを見る

日本のメーカーからご自宅へお届けいたします。


 



サブコンテンツ

このページの先頭へ