台湾小籠包ディンタイホン

 



 

 

よく台湾の方に「鼎泰豊の小籠包は美味しいですね」って言うと必ずと言っていいほど「台湾にはもっと安くて美味しい小籠包があるよ」という答えが返ってきます。

 

台湾料理を褒めたつもりだが、台湾の方のリアクションがあまり良くないことってないですか?

 

そこで、その謎を解くために鼎泰豊の歴史を調べてみました。

 

鼎泰豊は、中華民国台北市に本店を置く、小籠包が看板料理の上海料理レストラン・チェーン店らしい。

 

知らなかった方も少なくないと思いますが、そう鼎泰豊は、台湾料理ではなくて「上海料理」なんです。

 

これで、謎が解けました!

 



 

台湾以外にも、日本・アメリカ合衆国・中華人民共和国・オーストラリア・インドネシア・タイ王国・マレーシア・シンガポール・大韓民国にも店舗があります。

 

1958年、中国山西省出身の楊秉彝(ヤン・ピンイー)によって、台湾の中華民国台北市大安区信義路2段(永康街)に第1号店が開かれました。

 

台北の永康街の本店が一号店なんですね。

 

鼎泰豐は、食用油を販売する油問屋として開業。

 

小籠包の販売は、本業の食用油の売り上げが落ち込んだ時期に、副業として開始されたようです。

 

その後、鼎泰豐の小籠包は地元の人々に評判となり、1980年代には、本業であった食用油の販売を取りやめ、小籠包の専業食堂に商売替えをしました。

 

当時は近隣住民が利用する地元の食堂に過ぎず、中華民国国外の観光客をターゲットには考えていなかったそうです。

 

1993年、アメリカ合衆国の『ニューヨーク・タイムズ』紙で「世界の10大レストラン」に選ばれ、同紙の紹介によって一躍知名度が上がり、台湾国外から多くの観光客が、台北の店舗に来店する転機となりました。

 

その後、台湾国外店舗として、1996年(平成8年)に、初めて東京の『タカシマヤタイムズスクエア』に出店し、その後ロサンゼルスの店舗を開店させ、国外の店舗を次々と開店。

 

日本においては東京都内の中央区・港区・渋谷区・世田谷区・立川市のほか、仙台、横浜、名古屋、京都、大阪、福岡、熊本の各市に店舗があります。

 

大半の店は高島屋内への出店です。

 

 

また、台湾の鼎泰豊の魅力は、小籠包をはじめ料理が美味しいだけではなくて、サービスレベルが高いことが挙げられます。

 

店内のウエイトレスやウエイターの給与は、一般の新卒の倍らしい。

 

本店なら平日平均1500人、休日は2000人~3000人のお客さん(うち日本人は40~50%)が来店するお店ですから、かなりのハードワーク。

 

また、社内ではサービス、態度、礼儀のテスト以外に英語や日本語、韓国語の研修も行っていて、テストに不合格或いはお客様に失礼があった場合は、即刻クビだということです。

 

このような厳しい環境の中で最高のサービスを学び、すばらしい人材が育っていっていることが、今の鼎泰豊の人気につながっているのだと思います。

 

台湾ではドラマ化されたらしい!

 

 



 

掲載関連おすすめ商品《おみやげサポート》

▼おみやげサポートを見る

このサイトからご注文をお承ります。

掲載関連限定商品《台湾レトロ生活雑貨店》

▼限定アイテムを見る

このサイトからご注文をお承ります。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ