台湾の気候と旅行時の服装



 

《台湾の年間の気候とベストシーズン》

 

南北に細長い台湾本島は、中央を通る北回帰線を挟んで、台北のある北が雨の多い亜熱帯、高雄や台南のあるマンゴーやパイナップルなどのフルーツが多い南は熱帯地域です。

 

台湾の春は、朝晩は冷え込みますが日中は過ごしやすいです。

 

しかし5月中旬から梅雨(雨季)が始まり6月中旬まで続きます。

 

夏は湿気も多くかなり暑く、8月になると台風シーズンに突入。

 

秋は、朝晩は涼しいですが、晴れた日はまだまだ夏のようにかなり暑いです。

 

冬は、日本の春のような気温なのですが、寒波になることもありダウンジャケットや厚手のセーターが必要なときもあります。

 

台湾のベストシーズンですが、私は3月~5月上旬もしくは、10月~11月がおすすめです。

 

 

 

《台湾旅行のときの服装について》

 

まず、服装のお話をする前に重要なのが、「履物」です。

 

台湾の歩道は、自転車が通るコースは段差がないように整備されているのですが、一般の歩行者が歩くところは、それぞれの建物の前の歩道の高さが違うケースが多く凹凸があります。

 

そのような理由で、ハイヒールは避けたほうが良いと思います。

 

また、車やバイクが日本のように歩行者優先で止まってくれるとは限らないので、動きやすい靴をはいていたほうが良いです。

 
 

〔1月・2月〕

 

寒い日は、ウールのシュートコートやダウンジャケットが必要。

 

日本のようにウールのロングコートを着ている方はほとんどいないですね。

 

台湾は気温の変化が激しいので、羽織物も持ち運びが便利なダウンジャケットが良いと思います。

 

今は、ユニクロでも巾着袋に入る持ち運びに便利なタイプも売られていますよね(笑)。

 

 

〔3月・4月〕

 

1年間の中でも過ごしやすい時期です。

 

長袖のシャツなどで寒くもなく暑くもなく過ごせます。

 

とは言え、台湾は気温の変化が激しいので、4月後半は、半袖のTシャツの上に長袖のシャツを羽織るなど暑い時は、すぐに半袖になれるようにコーディネートしたほうが良いと思います。

 
 

〔5月・6月・7月・8月・9月〕

 

この時期は、台湾で最も暑い時期、半袖夏服です。

 

台湾の地元の若い女性は、デニムのショートパンツにTシャツというスタイルが多い。

 

ただし、飛行場や図書館、デパートなどはクーラーがガンガンにかかっていますので、長袖のシャツやカットソーのパーカーのような羽織物を用意していたほうが良いですね。

 

特に暖かくなればなるほど多くなりますので、蚊対策として利用するのも良いかもしれません。

 

8月9月は、台風が最も通過する時期でもあるので、ゲリラ豪雨に装具することもあります。

 

突然の雨で濡れたり、汗をかいてビショビショになったときのために着替えも必要ですね。

 

〔10月〕

 

1年間の中でも過ごしやすい時期です。

 

残暑の残る9月と比較して、涼しい秋の気温を感じる時期で、綿シャツなどの薄手の長袖で、暑くもなく寒くもなく過ごせます。

 

台湾は気温の変化が激しいので、油断せずカットソーのパーカーなどの薄ての羽織物は準備してくださいね。

 

〔11月中旬〕

 

11月中旬にショートコートやダウンジャケットがデパートに品揃えされます。

 

少し寒くなり、台湾の冬の始まりを感じさせる時期です。

 

綿の羽織物だと少し寒く、ウールの薄手のブルゾンやジャケットが必要になります。

 
 

〔12月~2月〕

 

この時期は台湾では最も温度が下がる時期です。

 

台湾の訪れる都市によっても準備するものが変わってきますが、旅行であればウールのショートコートやダウンジャケットが必要。

 

以上、簡単ですが台湾の年間の気候と服装についてお話しました。

 

みなさんが台湾で楽しい旅ができますようお祈りいたします!

 



 

掲載関連限定商品《限定アイテム》

▼限定アイテムを見る

このサイトからご注文をお承ります。

掲載関連《おすすめ書籍サポート》


▼おすすめ書籍を見る

このサイトからご注文をお承ります。


 



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ