ドラゴンフルーツ効果効能



 

 

見た目の派手さが印象的な南国の果物「ピタヤ」。

 

果皮が竜のウロコのように見えるため「ドラゴンフルーツ」とも呼ばれていて、現在ではこの名前のほうが一般的です。

 

ドラゴンフルーツは台湾では安価で手軽に手に入ります。

 

トロピカルフルーツとして少しずつ知られてきたドラゴンフルーツは、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれている美容と健康に良いフルーツです。

 

美肌やダイエット、疲労回復などの効果があり、毎日忙しい女性にはとても最適なフルーツ。

 

薬をほとんど使わずに栽培できるということもあり、最近では健康志向の自然食としても注目されています。

 

また、夜に大きな花を咲かせることから「ムーンフラワー」や「夜の女王」などとも呼ばれ、家庭菜園向けの植物としても人気が高まっています。

 

 

《効果》

 

1.美肌効果

 

ビタミンB、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類が多く含まれているので、美容効果がとても高い。

 

また、ポリフェノールの抗酸化作用もあるので、肌の老化を防ぎ、しわやたるみを改善し、アンチエイジングにもつながります。

 

2.ダイエット効果

 

食物繊維が豊富なので、腸内の環境を整え、便通を良くしてくれます。

 

カリウムも多く含まれるため、むくみ防止になり、脂肪の蓄積やセルライトの予防にもなり、すっきりとしたボディになれそうです。

 

ナトリウムの排出を促すカリウムが多く含まれているので、高血圧予防に効果が期待できる。

 

3.疲労回復効果(夏バテ防止)

 

ビタミンB群の栄養素がまんべんなく、豊富に含まれていて、疲労回復に役立ちます。

 

4.妊娠中の葉酸補給

 

葉酸も比較的多いので妊婦の方や貧血気味の方にもおすすめ。

 

つわりでしんどい時でも、ドラゴンフルーツで美味しく葉酸補給ができます。

 

5. イライラを防ぐ 「マグネシウム」

 

それほど大きな効果は期待できませんが、歯や骨の形成などに役立ちます。

 

 

《期待される効能》

 

高血圧予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、貧血予防、がん予防(レッドピタヤ)

 

 

《食べ方》

 

ドラゴンフルーツは切って、そのまま食べるのが一番美味しい食べ方です。

 

まずは、ヘタの部分を切り取り除いた後、半分に切ります。

 

さらに、半分か3等分にカットし、皮の端を少し持ち上げると、皮と実がきれいに分離します。

 

食べやすい大きさにナイフで切り、あとは食べるだけです。

 

甘味が足りなかったら、蜂蜜をかけてもOK。

 

蒸した鶏肉と合わせてサラダにして美味しい。

 

さっぱりして、ドラゴンフルーツのツブツブとマスタードのプチプチで、食感も美味しいサラダになります。

 



 

掲載関連おすすめ商品《おみやげサポート》

▼おみやげサポートを見る

このサイトからご注文をお承ります。

掲載関連限定商品《限定アイテム》

▼限定アイテムを見る

このサイトからご注文をお承ります。

 



サブコンテンツ

このページの先頭へ