おすすめの花蓮電車一人旅



 

 

台東から花蓮は、ローカル特急で約三時間の電車の旅です。

 

 

池上駅ののどかな景色

 

50分後、高級米で有名な池上駅にも止まり花蓮に向かいます。

 

花蓮に到着。

 

久しぶりの花蓮ですが、以前と全く違うイメージに変わっています。

 

以前は、もっとローカルな風景が広がっていたのですが、現在は道もきれいに整備され地方都市になっています。

 

 

 

今回のゲストハウスは、「小旅行迷你公寓(MINI VOYAGE HOSTEL)」で、オシャレで台湾人や外国人の若い女性に人気があるようで、非常に客層が良い感じです。

 

部屋も広く、清潔感があり、一階のフリースペースもオシャレなBGMが流れパソコンを広げて作業をするには、十分。

 

朝食用のカップラーメンやコーヒー、お茶は飲み放題になっています。

 

この宿も二年前にスタートしたらしく、このようなゲストハウスがここ数年でたくさんオープンしています。

 

バイクを借りると500元で、緑島や墾丁と比較すると120%から150%値段が高く、レンタルバイクの店員からの説明も台湾の交通ルールや借りるバイクのキズのあるなしなど、日本並みに詳しい手続き。

 

ちょっと、リゾート地とは言えないかっちりとした感じです。

 

道路での交通ルールも厳しく、警察官がバイクを止めて交通違反を取り締まっています。

 

台湾では、バイクで左折するときは、一度右折してバイクの停止線で信号待ちして行きたい方向に進みます。

 

そして、一番右側のバイクのラインを走るルールです。

 

バイクでの市内観光は安全に気をつけてくださいね。

 

花蓮といえば、自然の観光スポットが多く、長期で滞在して名所をツアーで観光したいですね。

 

 

 

その中でも、比較的、市内中心部から近い、おすすめのスポットといえば、ほとんどの若者が「七星潭」をあげます。

 

台鉄「花蓮」駅からタクシーなら約20分で到着。

 

どちらかと言えば、台鉄「北埔」駅の方が距離的には近いです。

 

ここは断層によって形成された海峡で、美しく弧をなした湾があります。

 

七星潭の朝の景色は、海の色がとても青く、黒い石が透き通って見え本当にきれいです。

 

また、ここは漁場でもあるので、早朝行けば、引き揚げ網の様子を見ることもできます。

 

 

 

台湾随一の絶景ポイントといえば、台湾八景のひとつとして知られる「太魯閣峡谷」です。

 

花蓮駅から車で40分ほどで行くことができます。

 

花蓮県を流れる立霧渓が太魯閣の大理石を侵食して形成された渓谷には高山、断崖、滝など豊かな生態を感じることができます。

 

見所がたくさんあるので1日かけて十分楽しく散策できますよ。

 

まだまだ花蓮にはたくさんの観光名所があります・・・。

 

 

 

市内で、やっと見つけたローカル食堂で、虱目魚(ザバヒー)のスープを食べ、幸せ気分になりました。

 

花蓮発、台北行きは、約二時間(440元)のローカル特急電車で台北に帰ります。

 

 

 

旅の最後は、駅弁の台鐡便當(80元)。

 



 

また、私が通常利用しているエクスペリアで、飛行機と宿泊を同時に予約すれば、かなり格安になります。

 

ぜひ、週末に台湾小旅行でお越しください!

 

掲載関連限定商品《台湾レトロ生活雑貨店》

▼限定アイテムを見る

このサイトからご注文をお承ります。

掲載関連《おすすめ書籍サポート》


▼おすすめ書籍を見る

このサイトからご注文をお承ります。


 



サブコンテンツ

このページの先頭へ