秋の沖縄がおすすめの理由

 



 

 

夏に比べ観光客も少なく人気のスポットを観光でき、スポーツイベントや音楽フェスもたくさん開催されます。

 

しかも秋の沖縄旅行は夏の時期に比べてお手頃な価格で旅行を楽しめ、旅行費の最高値は8月のトップシーズンよりも平均5~6万円ほど安い。

 

ただし、10月、11月の3連休は人気があり価格も上昇するので、日程と価格を考えて早めに予約することがポイントです。

 

沖縄本土では、10月上旬、離島では下旬まで海に入ることができるので、日中は海遊びが楽しめます。

 

また、夏と比較して海もきれいし日差しも控えめでちょうどよいです。

 

そして、朝晩は涼しく過ごしやすい。

 

 

 

夜になれば、満点の星空を眺めることができる。

 

この時期は1年で1番きれいな星空が望めることができ、特に石垣島や竹富島、波照間島などの八重山諸島では、全88星座のうち84星座、21個全ての1等星を見ることができます。

 

涼しい風にあたりながら海辺で寝転がりながら見ると、波の音と星空で、まるで非日常の空間を体験でき、一生忘れられない旅行になること間違いないです。

 

 

 

また、自転車で島巡りをするのも気持ちがよい。

 

離島で言うと、波照間島がダントツ。

 

波照間ブルーの海を見ながらの潮風をあびながらの坂道を走行は最高。

 

 

 

秋の季節にハズすことができないのは、沖縄の各地域で行われる伝統の「お祭り」です。

 

エイサーや豊年祭が各地域で開催されるほか、10月には「世界一のわら綱」としてギネス世界記録に認定されている400年以上の歴史と伝統を持つ沖縄県内最大規模の人気行事の那覇大綱挽(なはおおつなひき)が行われます。

 

大綱は自然の材料で作られた最も巨大なロープとして1995年に「米藁(こめわら)で製作された世界一の綱」としてギネスに認定登録されました。

 

その後、1997年の第27回那覇大綱挽の際に記録を更新。

 

全長186メートル、総重量40.22トン、綱直径1.58メートル、手綱数236本、挽き手1.5万人、参加人数27.5万人と認定登録されました。

 

 

 

「暑さも寒さも彼岸まで」という季節の節目!

 

沖縄の彼岸とは、旧暦8月15日で、西暦で言うと、今年は10月4日です。

 

沖縄の彼岸は、お墓参りに行くのではなくヒヌカン(火の神様)や、トートーメー(仏壇)に、ごちそうをお供えし、家族の健康や安全、厄除けをお祈りします。

 

1年に2回、春と秋に行います。

 

 

《沖縄の彼岸のお供え物》

 

仏壇へのお供え物は7品。

 

これらを準備し、仏壇にお供えします。

 

・ウサンミ(沖縄の重箱料理)

 

・果物・お菓子

 

・花

 

・餅

 

・お茶

 

・ウチカビ(家族の人数分)

 

・お線香 十二本三本、ひとり三本

 

 

《彼岸のお参り方》

 

(1)仏壇にお供え物を供える

 

(2)お線香をひとり三本ずつあげる

 

(3)ウートートー(お祈り)をする

 

(4)ウチカビを人数分燃やす

 

夏に続いて秋の沖縄も、楽しんでください!

 



 

掲載関連限定商品《セレクト限定アイテム》

▼セレクト限定アイテムを見る

このサイトからご注文をお承ります。

掲載関連おすすめ商品《おみやげサポート》

▼おみやげサポートを見る

このサイトからご注文をお承ります。

 



サブコンテンツ

投稿に関するお問い合わせ

台湾進出・小売業の業務改善のサポートに関するご相談・お問い合わせ

このページの先頭へ