台湾元お得な換金両替方法



 

《少しでもお得な外貨両替方法》

 

台湾旅行に行く時に、どこで両替すれば少しでもお得なのかということが気になる方も少なくないと思います。

 

その質問にお答えしますので、スッキリしてください(笑)。

 

基本的に絶対に台湾に到着してから日本円から台湾ドルに両替する事。

 

日本で両替すると手数料が高くなりますよ。

 

10,000円を日本で両替するのと台湾で両替するとでは、台湾で両替したほうが950円前後もプラスになります。

 

約1割弱もお得です。

 

 

LCCなどで深夜の到着便でも、「台湾 台北松山空港」「台湾 桃園国際空港」「高雄国際空港」共に到着便に合わせて両替所は必ず営業しています。

 

日本語も出来るので安心してください。

 

また、手数料は 日本円から台湾ドルは30元なので、例えば、4人で1人ずつ両替するよりは、まとめて両替する方が、手数料は1/4です。

 

グループならまとめて両替する方法も良いと思います。

 

 

《両替のおすすめ市内の銀行》

 

・富邦銀行

 

・大眾銀行

 

・第一銀行

 

上記の銀行が手数料は無料で、常に良いレートを提示する銀行で、ホテルの近くに有れば、そこで両替が確実に、台湾の空港で両替するより安い。

 

台湾銀行で両替するよりは、郵便局での両替がおすすめです。

 

地方の銀行や小さな支店では両替してくれないことがありますので注意してください。

 

台湾ドルから日本円への再両替はしないほうが良いと思います。

 

再両替とは台湾ドルが余ったしまったので、又日本円に両替する事です。

 

まず、空港では手数料が100元取られてしまいます。

 

手数料は 日本円から台湾ドルは30元 台湾ドルから日本円は100元です。

 

 

 

《市内で夜に、お金が必要な時》

 

ATMによるクレジットカードのキャッシングについて、國泰世華銀行と富邦銀行のATMでは、台湾サイドのATM利用料は必要無いです。

 

また引き出しは1,000元単位で可能です。

 

セブンイレブンでも、ATMのキャッシングは可能ですが、現地銀行手数料は100元取られます。

 

ご注意してください。

 

 

《台湾の銀行口座を作る》

 

台湾の銀行口座は、旅行者でも作る事ができます。

 

毎年、何回も行く旅行者は、思い出も含めて銀行口座作って台湾ドルで預金するということも良いです。

 

金利も多少、日本よりも良いと思います。

 

詳しくは、関係の方に聞いてください。

 

いずれにせよ、外貨の持ち出し制限は、日本でも台湾でもありますので、現地で使う分だけの両替をするように心掛けた方が良いと思います。

 

 

 

《台湾の通貨の呼び方》

 

台湾の通貨の正式名称は「新台幣」で通貨の単位は「圓」。

 

「新台幣」を英語で言うと「New Taiwan Doller」(ニュー台湾ドル)です。

 

60年前ぐらいに通貨の切り替えをしたことで、「ニュー」とついているということ。

 

「台湾ドル」と簡単に言うこともあります。

 

通貨の単位はISOの定める国際的な略号では「TWD」」(台湾ドルの意味)です。

 

そのほか、「NT$」と書いて」ニュー台湾ドルを表すことも一般的です。

 

台湾人とお金の話をすると「ゲン」ではなく、「エン」という発音に聞こえます。

 

台湾のお金の単位を漢字で書くと「圓」です。

 

「円」の旧字体(台湾では伝統的な難しい漢字が今も使われています)で、「イェン」と発音します。

 

ただし台湾のお札やコインには「圓」の字が使われていますが、普通は「圓」と同じ発音になる「元」が略字として使われているのです。

 

 

 

中国(中華人民共和国)の通貨単位は「元」(正確には、人民元)です。

 

中国の「元」も発音はイェンなので、例えば10元の場合値札とかには、「¥10」と書いてあることもあります。

 



掲載関連限定商品《台湾レトロ生活雑貨店》

▼限定アイテムを見る

このサイトからご注文をお承ります。

掲載関連《おすすめ書籍サポート》


▼おすすめ書籍を見る

このサイトからご注文をお承ります。




サブコンテンツ

このページの先頭へ