沖縄の魚の名前と食べ方

 



 

 

沖縄では、公設市場などで沖縄の色とりどりの魚をみると南国に旅行に来ていることを実感してしまいます。

 

沖縄料理は、魚料理抜きには語れません。

 

今回は、少しでも沖縄の魚の知識をつけるために、沖縄県民に親しまれている代表的な魚をまとめました。

 

 

 

《グルクン》

 

沖縄の県魚で、沖縄で最もポピュラーな大衆魚で、居酒屋のメニューなどでよく見かけます。

 

沖縄家庭料理に欠かせない。

 

刺身はもちろん煮付けにしてもおいしく食べられますが、白身魚でクセがなく、あっさりしているため、「油」との相性が抜群。

 

から揚げで食べることが多く、スーパーでも惣菜で売られているほどポピュラーです。

 

通常は青緑がかっているが、夜の休息時、興奮している時、死んで水揚げされた時などは体の側面などが赤みがかり、極端に体色が変化するのが特徴です。

 

標準和名「タカサゴ」は東京・神奈川周辺で呼ばれ、沖縄方言でグルクンで親しまれている。

 

その他の地域では、アカムロ(高知)、メンタイ、アカメンタイ(和歌山)、チャムロ(三重)と呼ばれています。

 

台湾でも沿岸で一般的に見られ、「烏尾冬仔」(台湾語 オービータンアー)の名で磯釣りの対象魚です。

 

 

 

《タマン》

 

和名は「ハマフエフキ」と言い沖縄では「タマン」と呼ばれています。

 

沖縄では高級魚のひとつで、沖縄の県魚になっていたかもしれないくらいメジャーな魚です。

 

大きいもので全長は約90cm、重さは5~7kgにもなり、6月から夏にかけてが旬。

 

刺身、カルパッチョ、ムニエル、ポワレ、潮汁、塩焼き、煮つけなどどんな料理にしてもおいしく食べられます。

 

 

 

《オジサン》

 

オジサンという名前の由来は、顔の前面に髭があり(隠すことがある)、正面から見るとまるで人間のおじさんの様である事から付けられた名前だそうです。

 

その他の地域では、カタヤス(鹿児島県奄美大島)やエルカタカシ(沖縄県)と呼ばれることもあります。

 

台湾では「多帶海鯡鯉」を標準名とし、地方名で「秋姑」、「鬚哥」などがあり、中国では「多帯副緋鯉」が標準名です。

 

 

 

《ガーラ》

 

沖縄地方では、カスミアジ、キンガメアジ、ロウニンアジ、クロヒラアジ、マルヒラアジなど回遊性のヒラアジを総じてガーラと呼びますが、大体の場合、ガーラと言えばカスミアジ、ロウニンアジのことをさします。

 

塩焼きにするととても美味しいそうです。

 

 

 

《イラブチャー》

 

イラブチャーには、「ゲンナー」や「アーガイ」とかいろいろあり、一説によれば80種類以上あると言われています。

 

その中で「アーガイ」が一番美味しい。

 

イラブチャーは、見た目は青いが白身魚です。

 

沖縄では、酢味噌和えやマース煮にして食べるることが多いです。

 

刺身で食べるときは、醤油に「シークァーサー」を絞って加えたりコレーグースを混ぜたり、島唐辛子をつぶして入れるのも美味しい。

 

これが沖縄の魚を美味しく食べる工夫だと思います。

 

イラブチャーは、皮を湯引きして皮ごと刺身にすることも多い。

 

沖縄県内のイラブチャーは、ナンヨウブダイやヒブダイなどで、本土で毒性が問題となっているアオブダイとは種類が違うということです。

 

毒性のあるアオブダイとの違いは、イラブチャーは、尾びれの上下が、長く伸びているらしい。

 

しかし、念のために内蔵を食べるのは避けたほうが良いということです。

 

 

 

《ミーバイ》

 

ミーバイとは沖縄の方言でハタ類のことをいいます。

 

一般的には和名で言う”ヤイトハタ”を指す事が多い。

 

ヤイトハタは沖縄ではアーラミーバイと呼ばれ、体表全体に散らばる黒褐色の斑点が特徴の魚。

 

また、同じハタ類の”スジアラ”は、沖縄では”アカジンミーバイと呼ばれ、沖縄3大高級魚の1つです。

 

最近、沖縄では主にヤイトハタの養殖が盛んで、本島では与那城、糸満、浦添、宜野湾、離島では伊平屋、伊江、渡嘉敷、座間味、八重山の各地で養殖されています。どの場所も透明度が高く、恵まれた環境で沖縄ミーバイは育てられています。

 



 

レンタカーは沖縄旅行に行く前に必ず予約しましょう!

掲載関連《おすすめレンタカーサポート》

▼おすすめレンタカーサポートを見る

このサイトからご予約をお承ります。

 

掲載関連限定商品《限定アイテム》

▼限定アイテムを見る

このサイトからご注文をお承ります。

 

掲載関連おすすめ商品《おみやげサポート》

▼おみやげサポートを見る

このサイトからご注文をお承ります。



サブコンテンツ

このページの先頭へ