沖縄那覇公設市場の利用法

 



 

 

第一牧志公設市場は、沖縄旅行の観光客に人気のスポットナンバーワン。

 

沖縄に行けば、まず足を運び色とりどりの南国の魚を見て、「沖縄に来たぞー」っという実感を味わうという方も少なくないのではないでしょうか。

 

私は、沖縄旅行の初日に二階の沖縄料理を食べて気合いを入れます(笑)。

 

 

 

《公設市場の食堂の使い方》

 

一階で食材を買い物して二階の食堂で調理してくれるシステムになっています。

 

一階で魚を買うとお店の方が二階の食堂に連れて行ってくれるパターンが多いです。

 

最近は、外国人の方が、大きな魚の刺身を舟盛りして家族で食べている光景をよく見ますね。

 

もしも、一階で購入した食材を調理してもらうと、調理手数料が発生するので注意してください。

 

まず、一階で食材を買い代金を支払います。

 

次に二階の食堂で調理してもらう時に、調理手数料を支払います。

 

調理手数料は、目安として、3品調理して一人当たり500円ぐらい。

 

一品増えることに、100円プラスというのが基本のパターンです。

 

刺身の盛り合わせの場合は、調理手数料はかからないということ。

 

ただ、食堂でその刺身だけを食べるのではなく、何か食堂で注文しなくてはならない。

 

もちろん、ビールや泡盛などのアルコールのみでも良いそうだ。

 

建物自体が21時15分には閉まってしまうので、一階で食材を買って二階で調理してもらい食べ終わるまで、長い時間かかるので、なるべく早く行ったほうが良いと思います。

 

二階の食堂で、一階で買った食材の調理を受け付けてくれない食堂もあります。

 

 

 

《おすすめの食べ方》

 

沖縄には、本土では見ることのできない魚がたくさんいます。

 

一階で沖縄にしかいない魚を選んで、調理手数料のかからない刺身で食べることをおすすめしたいです。

 

そして、食堂では、食べたい沖縄料理を単品で注文することがベストの食べ方ではないでしょうか。

 

あくまでも、私のおすすめなので、自分にあった食べ方で沖縄を楽しんでください(笑)。

 

 

 

《沖縄の主な魚の一言アドバイス》

 

グルクン:

 

沖縄の県魚で、沖縄で最もポピュラーな大衆魚で、居酒屋のメニューなどでよく見かけます。

 

沖縄家庭料理に欠かせない。

 

刺身はもちろん煮付けにしてもおいしく食べられますが、白身魚でクセがなく、あっさりしているため、「油」との相性が抜群。

 

から揚げで食べることが多く、スーパーでも惣菜で売られているほどポピュラーです。

 

 

タマン:

 

沖縄では高級魚のひとつで、沖縄の県魚になっていたかもしれないくらいメジャーな魚です。

 

大きいもので全長は約90cm、重さは5~7kgにもなり、6月から夏にかけてが旬。

 

刺身、カルパッチョ、ムニエル、ポワレ、潮汁、塩焼き、煮つけなどどんな料理にしてもおいしく食べられます。

 

 

オジサン:

 

オジサンという名前の由来は、顔の前面に髭があり(隠すことがある)、正面から見るとまるで人間のおじさんの様である事から付けられた名前だそうです。

 

 

ガーラ:

 

ガーラと言えばカスミアジ、ロウニンアジのことをさします。

 

塩焼きにするととても美味しいそうです。

 

 

イラブチャー:

 

イラブチャーには、「ゲンナー」や「アーガイ」とかいろいろあり、一説によれば80種類以上あると言われています。

 

その中で「アーガイ」が一番美味しい。

 

イラブチャーは、見た目は青いが白身魚です。

 

沖縄では、酢味噌和えやマース煮にして食べるることが多いです。

 

刺身で食べるときは、醤油に「シークァーサー」を絞って加えたりコレーグースを混ぜたり、島唐辛子をつぶして入れるのも美味しい。

 

イラブチャーは、皮を湯引きして皮ごと刺身にすることも多い。

 

沖縄県内のイラブチャーは、ナンヨウブダイやヒブダイなどで、本土で毒性が問題となっているアオブダイとは種類が違うということです。

 

しかし、念のために内蔵を食べるのは避けたほうが良いということです。

 

 

ミーバイ:

 

ミーバイとは沖縄の方言でハタ類のことをいいます。

 

同じハタ類の”スジアラ”は、沖縄では”アカジンミーバイと呼ばれ、沖縄3大高級魚の1つです。

 

 

■住所

沖縄県那覇市松尾2-10-1

第一牧志公設市場1階

 

■営業時間 

09:00~20:00

 

■お問い合わせ

070-5498-6852

 

■休日

毎月第4日曜日

(12月は除く)

正月:1月1日、2日、3日

旧正月:旧暦1月1日、2日

旧盆:旧暦7月16日、17日

 

■アクセス

・空港より車で約10分

・モノレール『美栄橋駅』より徒歩約10分

 

■駐車場

市場の専用駐車場はありません。

浮島通りなど周辺の有料駐車場をご利用下さい。

 

 



 

レンタカーは沖縄旅行に行く前に必ず予約しましょう!

掲載関連《おすすめレンタカーサポート》

▼おすすめレンタカーサポートを見る

このサイトからご予約をお承ります。

 

掲載関連限定商品《台湾レトロ生活雑貨店》

▼セレクト限定アイテムを見る

このサイトからご注文をお承ります。

 

掲載関連おすすめ商品《おみやげサポート》

▼おみやげサポートを見る

このサイトからご注文をお承ります。



サブコンテンツ

このページの先頭へ