台湾プロ野球チームの応援

 



 

【現在の台湾プロ野球について】

 

台湾プロ野球リーグは1990年の発足以来、何度も八百長事件が繰り返され、その度に人気を落としていました。

 

しかしWBC予選を勝ち抜き世界8強入りしたことで、歴史的瞬間に誰もが酔いしれ、台湾ナインは一躍国民的ヒーローになり、台湾の人たちの野球を見る目がガラリと変わり人気が復活しつつあります。

 

 

【台湾のプロ野球のシステム】

 

中華職業棒球大聯盟は、中華民国のプロ野球団体です。

 

略称は「中華職棒」、「中華職棒聯盟」、「中華職棒大聯盟」、「CPBL」と呼ばれています。

 

リーグ戦の開始1990年が「職棒元年」。

 

プロ野球チームは4チーム存在し、年間120試合を前期後期各60試合ずつ、40回総当たり、各ステージは20回総当たりです。

 

日本は今季143試合なので、それに比べるとすこし少ないですね。

 

シーズンは前期が3月中旬〜6月中旬、後期が7月初旬〜9月下旬。

 

また、オールスター戦が後期開催中の7月下旬に行なわれます。

 

その後プレーオフを経て10月後半の台湾シリーズによって年間優勝チームが決まります。

 

試合開始時刻は平日が18:35、土曜日が17:05、日曜日が4、5、9、10月が14:00に開始。

 

システムはパリーグと同様にDH制を採用しています。

 

 

 

 

【中信兄弟(中信兄弟エレファンツ)】

 

地区  :特定の地区なし

 

スター選手:彭政閔

 

《チーム成績》

 

◼リーグ優勝

 

2回(2014年後期)(2016年前期)

 

◼年間王者

 

0回

 

 

 

 

【統一7-ELEVEN獅(統一セブンイレブン・ライオンズ)】

 

地区  :台南市

 

スター選手:郭泓志、張泰山

 

《チーム成績》

 

◼リーグ優勝

 

13回(1991年後期、1993年後期、1995年前期、1995年後期、1996年前期、2000年後期、2001年前期、2004年前期、2008年前期、2009年前期、2011前期、2012前期、2013年後期)

 

◼年間王者

 

9回(1991年、1995年、1996年、2000年、2007年、2008年、2009年、2011年、2013年)

 

 

 

 

【富邦ガーディアンズ(富邦悍将)】

 

地区  :高雄市

 

スター選手:胡金龍、林益全

 

《チーム成績》

 

興農時代

 

◼リーグ優勝

 

6回(1998年、2000年前期、2003年前期、2004年後期、2005年後期、2010年前期)

 

◼年間王者 2回

 

(2004年、2005年)

 

義大時代

 

◼リーグ優勝

 

2回(2013年前期 2016年後期)

 

◼年間王者

 

1回(2016年)

 

 

 

 

【Lamigo桃猿(ラミーゴモンキーズ)】

 

地区  :桃園市

 

スター選手:陳金鋒、林智勝

 

《チーム成績》

 

◼リーグ優勝

 

9回(2006年前期、2006年後期、2007年後期、2008年後期、2011年後期、2012年後期、2014年前期、2015年前期、2017年前期)

 

◼年間王者

 

4回(2006年、2012年、2014年、2015年)

 

 

【台湾のプロ野球開催球場】

 

各チームの本拠地は下記4球場。

 

◼桃園国際棒球場(桃園市・Lamigo)

 

◼臺中市洲際棒球場(台中市・兄弟)

 

◼臺南市立棒球場(台南市・統一)

 

◼高雄澄清湖棒球場(高雄市・義大)

 

とはいえLamigo以外のチームはホームスタジアムがあまり明確ではなく、台湾各地で試合を開催しています。

 

上記本拠地以外で試合の開催が多いのは、

 

◼新北市立新莊棒球場(新北市)

 

◼新竹市立中正棒球場(新竹市)

 

◼嘉義市立棒球場(嘉義市)

 

新莊棒球場は台北市内からMRTの乗って行くことが出来るので便利。

 

◼斗六棒球場(雲林県)

 

◼羅東棒球場(宜蘭県)

 

◼屏東棒球場(屏東県)

 

◼花蓮棒球場(花蓮県)

 

以前は台北市内の天母棒球場でも試合が行なわれていたのですが、近隣住民から騒音の苦情があったらしく、2016年シーズンは試合の開催がありません。

 

 

【チケット購入方法】

 

席種は二種類。

 

内野指定席:NT$350(約1,200円)前後

 

外野自由席:NT$200(約700円)前後

 

指定席には全票と半票という区分があり、

 

全票:大人

 

半票:学生・子供(115cm以下)・高齢者(65歳以上)となっています。

 

自由席には全票・半票の区分はありません。

 

金額は球場毎に違うのに加えて休日は割高です。

 

おおむね内野は全席指定、外野は全席自由となっています。

 

チケットの購入方法ですが、

 

◼︎球場(当日券)

 

◼︎コンビニ(前売り)

 

◼︎WEBサイト(前売り)

 

の3通りがあります。

 

 



 

掲載関連限定商品《台湾レトロ生活雑貨店》

▼限定アイテムを見る

このサイトからご注文をお承ります。

 



サブコンテンツ

このページの先頭へ