中国人レンタカー偽装手法



 

 

《外国人が日本で運転する場合のルール》

 

日本で運転するためには、次のいずれかの免許証を所持している必要があります。(道路交通法第64条、同法第107条の2)

 

1)日本の免許証

 

2)道路交通に関する条約(ジュネーブ条約)に基づく国際免許証

 

3)自動車等の運転に関する外国(国際免許証を発給していない国又は地域であって日本と同等の水準にあると認められる免許制度を有している国又は地域(現在、スイス連邦、スロベニア共和国、ドイツ連邦共和国、フランス共和国、ベルギー王国、モナコ公国及び台湾の6か国1地域のみ。))の免許証(政令で定める者が作成した日本語による翻訳文が添付されているものに限る。)

 

とありますが、レンタカー業者は確認して車を貸してるのでしょうか?

 

 

《ネットでの関連記事》

 

<独占>日本で運転できないはずの中国人観光客がレンタカー、その驚くべき“手法”が明らかに

 

日本で自動車を運転することが法律上認められていないはずの中国人観光客が、驚くべき方法でレンタカーを利用していたことがレコードチャイナの取材で分かった。

 

沖縄県が行った外国人観光客実態調査によると、2013年は中国人観光客361人のうち23人(約6%)がレンタカーを利用したと回答。14年は約8%(274人中、22人)に上昇し、15年は約14%(221人中、31人)と二桁に達した。

 

しかし、中国はジュネーブ条約に加盟していないため国際運転免許は発給されず、法的には日本で自動車をレンタルすることは不可能だ。 

 

では、中国人観光客はどのような方法でレンタカーを利用しているのか。実際に日本でレンタカーを利用したという上海在住の王さん(仮名)とコンタクトを取ることに成功した。

 

王さんは日本への旅行の前に、中国の大手通販サイトである業者が「国際運転免許証の申請をサポートする」とうたっているのを発見した。

 

料金を支払えば、希望した国で通用する偽造の国際運転免許証を発行してくれるということだ。

 

王さんによると、ネット上では複数の業者が同様のサービスを行っているとのこと。

 

料金は100〜3000元(約1700〜5万円)と幅が広い。 

 

王さんが利用したのは主にフィリピンの運転免許証と国際運転免許証を扱う業者で、料金は合わせて2850元(取材時は2250元強。約3万7000円)ほど。

 

過去の利用者が投稿したコメントには業者に感謝を示す内容のものが多数あり、中には「日本で無事、レンタカーを借りました」と写真を載せる人もいた。

 

申し込みを決めた王さんは、自身のパスポート、運転免許証、写真といった資料などを業者に送信し、ネット決済サービスで代金を支払った。

 

手続きから1週間後、王さんのもとにはフィリピンの運転免許証と現地で発行された国際運転免許証、フィリピン当局の領収書が届いた。王さんはこれを使って日本でレンタカーを利用することに成功したという。 

 

しかし、中国国籍でフィリピン滞在歴のない人物がフィリピンの国際運転免許証を使い、日本でレンタカーを利用することは果たして可能なのだろうか。

 

王さんが利用したレンタカー会社に問い合わせると、「ジュネーブ条約に基づいて発行された国際免許であれば問題ない。

 

中国のパスポートとフィリピンの国際免許証で利用できる」との回答だった。東京都、沖縄県、北海道の計6社に同じ質問をしてみたが、そのうち5社は「問題ない」と回答。

 

沖縄県の1社だけが「中国国籍の方の利用は断っている」という答えだった。

 

同社は「過去に中国人に貸した際、(中国はジュネーブ条約に加盟しておらず日本での運転資格を持たないため)無免許扱いになるという問題が起きた」と説明した。 

 

日本レンタカー協会に統一のルールはあるのだろうか。

 

話を聞いたところ、「外国人に貸す貸さないの判断はジュネーブ条約に基づいており、協会が個別に決めたルールはない。

 

仮に同条約に加盟していない国の人でも所持している国際運転免許証が条約に基づいて発給されたものなら基本的には貸す。

 

ただ、レンタカー業者が『問題あり』と判断した場合は貸さないこともある」とのことだ。 

沖縄県のレンタカー業界関係者は中国人観光客によるレンタカー利用が増えているという調査結果について、「第3者が借りたレンタカーに中国人観光客が有償または無償で同乗しているケースが考えられる」としているが、王さんのように違法な手段で国際運転免許証を取得して日本でレンタカーを利用する人もいるとみられる。

 

外国人観光客による交通事故が年々増加している中、実態の把握と対策が急務だ。

 

Record Chinaの掲載記事紹介(取材・編集/レコードチャイナ編集部)

 



 

《沖縄の新聞記事》

 

沖縄で外国人レンタカー事故が増えている その要因とは?

 

沖縄県内各地の観光スポットを中心に、外国人が利用したレンタカーの交通事故が急増している。

 

大手事業所が加盟する県レンタカー協会への事故報告数によると、外国人が利用したレンタカーの事故は2015年度の5073件から16年度は9648件(速報値)と1・9倍に増えた。

 

事故率は国内客の約4倍の4・7%の高さだ。加盟していない事業者での事故報告は含まれず、総数はさらに増える見込み。

 

日本国内との通行区分や交通ルールの違いが要因とみられる。

 

(北部報道部・城間陽介)沖縄タイムス

 

沖縄を訪れる外国人観光客数が年々増える中、観光シーズンの夏場は特に事故発生が多く、本年度も増加傾向が続いている。

 

 県レンタカー協会が、加盟する大手28事業者から報告された外国人向けレンタカーの貸出台数と事故件数を取りまとめた。

 

加盟していない県内のレンタカー事業所は大小含め300余りあるため「すべて把握できていない」(協会担当者)状況だ。

 

 事故件数の増加は貸出台数と比例している。

 

2013年度は年間約3万7千台だったが、16年度には約20万6千台と5・5倍に伸びている。

 

 外国人利用者の9割が台湾、韓国、香港からの観光客。

 

特に台湾、韓国は日本と異なる右側通行・左ハンドルのため、協会は「不慣れなハンドル操作と通行区分の違いが事故多発につながっている」とみる。

 

また信号機の表示、標識の違いも要因と分析している。

 

 同協会は対策として、予約時にスマートフォンで事故多発箇所や標識、バスレーン規制を確認してもらう「マルチリンガルタッチ」システムや、衝突を回避する安全装置付き車両の導入も検討している。

 

などなど、日本人観光客だけではなしに外国観光客のドライバーが多くなると要注意ですね。

 

以上です。

 

事故のないことを祈っています!

 



 

レンタカーは沖縄旅行に行く前に必ず予約しましょう!

掲載関連《おすすめレンタカーサポート》

▼おすすめレンタカーサポートを見る

このサイトからご予約をお承ります。

 

掲載関連おすすめ商品《おみやげサポート》

▼おみやげサポートを見る

このサイトからご注文をお承ります。

掲載関連限定商品《台湾レトロ生活雑貨店》

▼限定アイテムを見る

このサイトからご注文をお承ります。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ