アジアコンサルティングス㈱

神戸を拠点として関西エリアの小規模なアパレルメーカーをサポート。ファッションビジネス書籍の著者が直接アドバイスさせていただきます。

 

初回無料相談実施中!

 

顧問という第三者のアドバイスが必要ではないですか。

 

アパレルメーカーは、卸し販路拡大、ポップアップ展開、直営店展開、フランチャイズ展開、海外進出、WEB販売など、さまざまなビジネスモデルがあります。

 

それぞれのビジネスモデルにメリット、デメリットがあり、業務改善にとどまることなく、敏速に業態をかえることも必要です。

それぞれの業態の経験がある顧問が適切に安価な費用でアドバイスし早期に事業を軌道にのせます。

 

推薦書籍

内容紹介

海外のアパレル事業では国によって気候も顧客体型も異なり、日本と同じアイテム・サイズでは売れません。
また組織作りや給与体制・商品企画開発から在庫の売り切り業務も違いがあります。
本書では台湾進出後、即成果に繋げることができるよう準備の段階で台湾と日本の違いや海外事業の軸となる考え方を解説しています。
また第5章「台湾アパレル事業を最短時間で軌道に乗せる8つのノウハウ」では、「組織作り」「優秀な人材の確保」「職場の規則」「商品開発」「商品調達」「販促活動」「店舗運営・管理」「ネット通販」について台湾事業で軌道に乗せるためのノウハウとして主な業務のキーワードをまとめています。

【こんな人にオススメ】

はじめて海外進出を考えている企業・個人の皆様

【目次】

第一章「はじめての海外進出は台湾が最適」
日本と同じ時期に同じ商品が売れる「台湾の気候」
日本と同じ商品で売れる「台湾人の体型」
・海外進出のヒントは、訪日台湾人旅行者から聞け!
・「台湾+香港」の最強タッグで中国大陸への進出
・南から攻める中国戦略
・〔コラム〕『現地パートナーと仲良くなる方法』

第二章「台湾市場は海外事業の縮図という認識を持つ」
・日本本社と海外現地法人のギャップ
・「大きなマーケット狙う」という発想を捨てろ
・日本と台湾の「洋服選びのきっかけ」の違い
・知らない人は損をする! アジア最低の法人税
・給与がもらえなくなる! 「最低年間売上三百万NT$ルール」
・〔コラム〕『台湾は「漢方の国」だから健康的』

第三章「現地に住んでいるから分かる台湾マーケットのアレコレ」
・バイクvs地下鉄
・売上ダウンで人件費も下がる仕組み
・日系ブランドが戦いやすい百貨店市場
・「ユニクロ」のサイズ展開と「無印良品」のライフスタイル提案
・「ブランドの価値を高める」成功のカギとは
・〔コラム〕『台湾のバイクはなくなるのか?』

第四章「台湾の3つのエリア戦略と特徴」
・台湾顧客はバーゲンとVIPカードが好き
・日本の流行に敏感な北部マーケット
・唯一地下鉄がない中部マーケット
・景気に左右され易い南部マーケット
・ファストファッションが百貨店マーケットに乱入
・〔コラム〕『台湾ってなぜ食べ物が全て美味しいの?』

第五章「台湾アパレル事業を最短期間に軌道に乗せる八つのノウハウ」
・〔ノウハウ1〕文鎮型から「ピラミッド型組織作り」への改革
・〔ノウハウ2〕優秀な人材確保の「給与基準と職場環境」
・〔ノウハウ3〕「罰金制度」は、台湾の常識
・〔ノウハウ4〕台湾顧客に合わせた「ヒット商品」の開発
・〔ノウハウ5〕現地オリジナル商品と調達商品の「絶妙なバランス」
・〔ノウハウ6〕販促活動のキモは、顧客の「お買い得感」
・〔ノウハウ7〕台湾で「百店舗を束ねるマネージメント力」をつける
・〔ノウハウ8〕ネット通販のカギは、「夜市(よいち)に来る二十代」を狙え
・〔コラム〕『台湾での時間の常識』

第六章「台湾で百店舗展開出来るノウハウで、中国大陸へ」
・中国で「韓国が大勝ち」「日本は大負け」のワケ
・「中国ビジネスの怖さ」を一番知っている台湾人
・台湾で百店舗が中国で五千店舗になる仕組み
・〔コラム〕『台湾人は本当に中国を警戒してますね』

初回無料相談を実施しています。

下記のフォームで、お気軽にご連絡を下さい。

サブコンテンツ

 

週末の弾丸海外旅行のスケジュールに必ず入れたいが、夜になったら繰り出したい夜市の巡りですよね。台北には、いくつもの夜市があって、毎晩のように屋台や老舗で名物のローカルフードを食べたいですよね。

 

一晩に夜市のはしごにもチャレンジして下さい(笑)。

 

台北の人気夜市ランキング

 

ベトナムのハノイの中心の市内には、たくさんのベトナムコーヒーが飲めるカフェがあります。カフェのメニューを見ると想像しているベトナムコーヒーだけではなく、ハノイだけにあるオリジナルコーヒーがたくさんあります。

 

週末の弾丸海外旅行でハノイに来られた観光客は、このハノイだけしかないベトナムコーヒーにハマって間違いなくリピーターになってしまうよ。

 

 

また、ハノイを街歩きしているとフランス+アジアの街の風景やレトロな雑貨屋がたくさんあり、雑貨ファンにはたまらない。もちろん屋台もあり、アジアでおなじみのプラスチック椅子をテーブルがわりにして、フォー(ベトナム麺)やベトナム春巻きを食べるのも安くて美味い。

 

ベトナム変わり種コーヒー

 

タイのバンコクには、あらゆるところに屋台が並んでいます。そこには、ローカルフードのバリエーションがすばらしい。屋台にもいろんな種類があって、カレーやタイのおふくろの味の郷土料理が食べたいなら惣菜屋台で、味付けのいろんなわがままを全て叶えてくれますよ。

 

 

中華鍋で作れるものならなんでも作ってくれる注文屋台。具も味付けも調理法も自分好みで注文できる「アハーン・ターム・サング」屋台ならではの楽しみのひとつです。

 

そんなタイの屋台を攻略できれば、週末の弾丸海外旅行の街歩きのバリエーションも広がります。

 

タイ流の屋台の食べ方作法

 

さあ飛行機とホテルを予約しよう!

 
 

 
 

人気の格安航空券、ホテル予約サイト ベスト3

 
 
1.エクスペディア    

2.エアトリ     

3.スカイチケット

 

週末の弾丸海外旅行から日本に帰国したときに必要なのが、旅の思い出のローカル雑貨です。旅の余韻は、引きずっていたいもの。ただ、家族や友達へのお土産は、旅先で買うと荷物にもなるし、ましてLCC(格安航空)で行くと、荷物の重量制限を過ぎて追加料金がかかったりします。

 

 

家族や友達へのお土産だけは、日本でも買えるオンラインストアーで買うのが便利。おすすめの世界のローカル雑貨を扱うショップを紹介します。

 

世界のローカル雑貨を扱うおすすめのオンラインストアー ベスト3

1.台湾レトロ生活雑貨店 楽天市場店

2.世界のローカル雑貨 島島島 Yahoo!ショッピング店

3.世界のローカル雑貨 本店

 

 

 

このページの先頭へ