沖縄ソーキそばの街、本部町の中心部の食べ歩き

最終更新日2022-09-14

★★★★★

きしもと食堂

 

沖縄には、たくさんの沖縄そばのお店は、たくさんありますが、その中で最も人気のあるのが、この国頭郡にある明治38年創業の老舗店で沖縄では知らない人はいない1日約200人以上は訪れる人気店で、週末は行列ができる沖縄そば屋さん「きしもと食堂」です。

 

 

きしもと食堂

沖縄県国頭郡本部町渡久地5

 

営業時間

11:00~17:30(売切れ次第閉店)

日曜営業

定休日:水曜日

本部町営市場のすぐ近くにお店を構える本店以外に八重岳(やえだけ)店もあります。

 

 

沖縄そば 小 600円

 

メニューは、沖縄そばの「そば大」か「そば小」と「じゅーしー」のみ。

 

麺を作る際は、かん水ではなく灰汁(もくはい・もっかい)を使っているそうです。

 

薪を焼いた後に残った灰を水に溶かして寝かせ、その上澄みの灰汁を使って作られた木灰そばは、かん水では出せない独特の歯ごたえやコシが出るそうです。

 

東村(ひがしそん)から取り寄せるイタジイ(スダジイ)やイジュ(ヒメツバキ)の薪で火を焚き、後に灰となった木灰を水に入れて寝かせ、その上澄み(灰汁)を利用して麺を作ります。

 

木灰には多くのミネラルが含まれているので、身体にもやさしい。

 

「ずっと変わらない伝統の味」を保つため、手間と時間を惜まない姿勢がよく分かります。

 

 

 

さわのや

 

本部町渡久地繁華街路地

営業時間:11:00-18:00

定休日:木曜日

 

 

きしもと食堂の近くに、赤いおわんのマークの看板の沖縄そばのお店があります。このお店も、人気の沖縄そばの専門店で、木灰を使う昔ながらの製法で作る自家製麺が地元客が多い「さわのや」2号店です。

 

 

きしもと食堂よりも、メニューは多い。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

友だち追加

友だち追加

このページの先頭へ