知らないと損タイ税金還付

タイの買い物には7%のVAT(付加価値税)のいわゆる日本での消費税が課せられています。タイ政府はタイに訪れた外国人にさらに買い物をしてもらうきっかけを作ろうと付加価値税の還付(払い戻し)を実施しているので、知らないと損するサービスなので是非、利用して下さい。

 

払い戻しできる人と商品

 

  • タイ国籍でないこと
  • タイ国内に永住、定住、もしくは年間180日以上滞在していないこと
  • バンコク(スワンナプーム国際空港とドーン・ムアン国際空港)、チェンマイ、プーケット、ハート・ヤイ(ハジャイ)、ウタパオ、クラビー、サムイの国際空港から出国すること
  • タイ発の国際航空便の乗務員ではないこと
  • 銃や爆発物および類似の品、宝石の原石類、仏像などの禁制品でないこと。ホテルの宿泊料などタイ国内で消費されるサービスにかけられるVATは対象外です。
  • 商品は、購入日より60日以内に、出国にともなって国外へ持ち出すこと。別送は不可です。

 

払い戻しの条件

 

「VAT REFOUND FOR TOURISTS」の表示のあるお店で買い物し、同じ日に同じ店で購入した総額が2000B(約6800円)以上になれば還付できる権利が発生します。

 

現在、「VAT REFOUND FOR TOURISTS」を行っているのは、伊勢丹、東急、セントラルなどの主要デパートのほか、ジム・トンプソン・タイシルクなどのブランド店などその他にもあります。表示がなくても、還付が受けれるお店もあるようなので、一つのお店で2000B以上お買い上げの場合は、お店の方に尋ねてみて下さい。

 

ポイントは一つのお店で2,000B(約6800円)以上のお買上にならないことが還付の条件なので、一つのお店でのまとめ買いがお得ですね。還付が受けれることを知った上で、お買い物をすることをオススメします。

 

お払い戻しの手続き

重要なのは、商品購入時にパスポートを提示して「VAT還付申請用紙」を作成してもらい、VATのインボイス(レシート)と一緒に保管しておくこと。

 

タイからの出国時にチェックイン手続き前に空港の税関(Custom)で購入した現物、VAT還付申請用紙、インボイスを提示して検印を受けます。

 

そして、空港の出発ロビーにあるVAT還付窓口(VAT REFUND OFFICE)で、検印を受けたVAT還付申請用紙を提示して還付金を受け取ります。

 

時間がないなどの理由で窓口で受け取られなくても、受け取り方法を用紙に記入し税務局の指定の箱に投函するか、下記の宛先へ郵送すれば、後日受け取ることができます。また、還付金の到着が遅い場合も問い合わせして下さい。

 

VAT REFUND OFFICE Revenue Department

 

住所:90 Soi Pahonyothin 7 Rd.,Phaya Thai, Bangkok 10400, Thailand

 

TEL: 0-2272-8195

FAX: 0-2617-3559

URL: www.rd.go.th/vrt

 

払戻金の受け取り方法

 

還付総額が3万B(約10万2千円)未満の場合は、現金(バーツ)か銀行小切手、指定クレジットカード口座への振り込みのどちらか。3万B以上の場合は、銀行小切手、指定クレジットカード口座への振り込みのどちらかです。

 

払い戻し時に下記の手数料や経費が差し引かれます。

 

・現金の場合100B(約340円)の手数料、

・銀行小切手の場合100B(約340円)と250B(約850円)程度の経費

・クレジットカード口座への振込の場合、100B(約340円)と650B(約2210円)の振込手数料

 

バンコク町なかでの受け取り

 

バンコクの町なかでもVATの払い戻しが受け取ることもできます。

 

町なかで払戻金が受け取れる条件

  • 還付から14日以内に出国すること
  • 購入時に「No consumption made whilst in Thailand(タイ国内で消費、使用しない)」と表示した密封包装をしてもらうこと

※まだ徹底されておらず、応じてもらえないこともあるので、その場合は手続きの際に説明する必要があります。

3.還付金が1万2000B(約4万800円)を超えないこと。

 

町なかで払い戻しを受けれる場所

 

・エンポリアム G階

・サヤーム・パラゴン 6階

・セントラルワールド G階

・セントラルのチャットロム店

・ロビンソンのスクムウィット店

・セブン・イレブン、リド店(サヤーム・スクエア)

・セブン・イレブン、ソイ・パドゥン・ダーオ店

・セブン・イレブン、アイコンサヤーム店

・セブン・イレブン、バンコク・ナイト・プラザ店

・セブン・イレブン、ラーンナム通り店

 

利用しないと損するサービスなので、タイでお買い物をする場合は、VATの還付を受けることをオススメします!

サブコンテンツ

 

週末の弾丸海外旅行のスケジュールに必ず入れたいが、夜になったら繰り出したい夜市の巡りですよね。台北には、いくつもの夜市があって、毎晩のように屋台や老舗で名物のローカルフードを食べたいですよね。

 

一晩に夜市のはしごにもチャレンジして下さい(笑)。

 

台北の人気夜市ランキング

 

ベトナムのハノイの中心の市内には、たくさんのベトナムコーヒーが飲めるカフェがあります。カフェのメニューを見ると想像しているベトナムコーヒーだけではなく、ハノイだけにあるオリジナルコーヒーがたくさんあります。

 

週末の弾丸海外旅行でハノイに来られた観光客は、このハノイだけしかないベトナムコーヒーにハマって間違いなくリピーターになってしまうよ。

 

 

また、ハノイを街歩きしているとフランス+アジアの街の風景やレトロな雑貨屋がたくさんあり、雑貨ファンにはたまらない。もちろん屋台もあり、アジアでおなじみのプラスチック椅子をテーブルがわりにして、フォー(ベトナム麺)やベトナム春巻きを食べるのも安くて美味い。

 

ベトナム変わり種コーヒー

 

タイのバンコクには、あらゆるところに屋台が並んでいます。そこには、ローカルフードのバリエーションがすばらしい。屋台にもいろんな種類があって、カレーやタイのおふくろの味の郷土料理が食べたいなら惣菜屋台で、味付けのいろんなわがままを全て叶えてくれますよ。

 

 

中華鍋で作れるものならなんでも作ってくれる注文屋台。具も味付けも調理法も自分好みで注文できる「アハーン・ターム・サング」屋台ならではの楽しみのひとつです。

 

そんなタイの屋台を攻略できれば、週末の弾丸海外旅行の街歩きのバリエーションも広がります。

 

タイ流の屋台の食べ方作法

 

さあ飛行機とホテルを予約しよう!

 
 

 
 

人気の格安航空券、ホテル予約サイト ベスト3

 
 
1.エクスペディア    

2.エアトリ     

3.スカイチケット

 

週末の弾丸海外旅行から日本に帰国したときに必要なのが、旅の思い出のローカル雑貨です。旅の余韻は、引きずっていたいもの。ただ、家族や友達へのお土産は、旅先で買うと荷物にもなるし、ましてLCC(格安航空)で行くと、荷物の重量制限を過ぎて追加料金がかかったりします。

 

 

家族や友達へのお土産だけは、日本でも買えるオンラインストアーで買うのが便利。おすすめの世界のローカル雑貨を扱うショップを紹介します。

 

世界のローカル雑貨を扱うおすすめのオンラインストアー ベスト3

1.台湾レトロ生活雑貨店 楽天市場店

2.世界のローカル雑貨 島島島 Yahoo!ショッピング店

3.世界のローカル雑貨 本店

 

 

 

このページの先頭へ